プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

大勢でそば刈りを楽しみました!

 

 14日午前、森農業改善組合と森公民館の呼びかけで、そば刈りが行われました。
 総勢26名。2時間半あまりの作業。
 「たくさん集まってやると、楽しいな!」、みんなの感想です。
 場所は“一本松”(いまは何本もの松になっていますが)近くの田んぼ4枚にそばを蒔いたところ。
朝8時、お宮に集合で始まりました。
 11月には、森公民館主催で収穫祭を催し、「こんな美味いそばは食べたことがない」そばを味わう予定です。森の人はもちろん、村内外の多くの人に味わっていただきたいと思っています。
 ハイライト写真集をご覧ください。
 (TOP写真は10時23分撮影。いちばん上の段を刈っているところ。「一本松」が見えます。)

 

8:18。いよいよ作業開始。

 

高校2年生の若菜さんも参加。

 

8:36。下から2段目にも着手。

 

 

4段のそば畑。下から2段目と3段目で刈り取り中。9:03。
ここは全部で5段の田んぼでした。いちばん上の段には、これから麦を蒔く予定。

 

桑原千恵さん。

 

休憩時。9:50。

 

 

10:39、そば刈り完了。重信さんが思わず万歳!

 

 

刈り取ったそばは軽トラで中学校下の旧テニスコートに運び、天日干し。

 

 収穫祭の日が待ち遠しいですね。

 


霧が流れていくと・・・

 

 

 今日13日、午後3時21分の野々海・東窓での一枚です。
 午前中は雨だったが、午後になって雨はやみ、薄日がさしてきたので、午後2時20分すぎに平滝から野々海へ上がりました。でも、標高900mを超えたあたりから、10数メートル先はよく見えない霧。雨が降っているわけでないが、フロントガラスに水滴がうっすら付くような状況。三叉路の湿地もほとんど何も見えませんでした(後ろのページに写真を掲載)。
 三叉路から野々海池に行き、その後、キャンプ場横から野々海峠へ。数メートル先が見えない中、ライトを点けて野々海峠まで行き、途中、何枚かの写真を撮りながら、折り返し。すると、東窓から霧が流れ出していくのが目に入りました。急いでキャンプ場まで進み、車を降りて、木道へ。その途中に撮影したのが、次の写真です。

 

 

 

 


「東窓」で撮った後、三叉路でも霧が晴れていました。
霧の最中の写真とともにご覧ください。

 

キャンプ場から三叉路に到達する寸前のところからの眺め。午後3時25分。

 

手前の低木はもう落葉しています。

 

午後2時43分の三叉路。ほぼ何も見えません。

 

 

野々海池入り口。午後2時46分。

 

目の前にあるはずの野々海池。何も見えません。

 

余水吐から下る水路。

 

余水吐は全面的に水が落ちていました。

 

 

野々海峠への林道にて。

 

 

野々海池出口にて、天を仰ぐような感じで撮った1枚。

 

 

 こういう日に野々海に上るのも結構いいものです。

 

(了)


野々海池が見ごろになりました

 

 今日11日朝8時の撮影です。
 天気情報では「晴れ」と言われていますが、青空はほとんどありません。その中で、野々海池の西窓方向のみ薄めですが青空。
 「見ごろにはもう数日早いのでは」と思われる方もおられるかと思いますが、明日以降はしばらく雨天の模様。また、落葉広葉樹の紅葉はこれくらいのときがいちばん綺麗なのでは、と私は思っています。

 以下、今日撮影したものから11枚を紹介します。

 

 

 


三叉路です。7:50。

 


野々海池入り口から進み、池の様子が見えた瞬間。7:57。

 

池の様子をもう1枚。8:05。

 

 

深坂峠。8:18。

 

 

野々海峠への林道から野々海池へ下りて、堤の方向を眺めた。対岸左端が堤。8:45。

 


同じ場所にて。

 

 


キャンプ場脇から野々海峠への林道に入ってすぐのところで、ブナの木の間から野々海池を見る。
8:54。

 

 


東窓。いつもとは逆方向の撮影。9:03。

 

 

白鳥への水路から野々海池への作業道にて。9:27。

 

同じく、白鳥水路から野々海池への道。誰かと語らいながら散策するのに最適のコースだと思います。
9:29。

 

 

最後にもう一度野々海池。9:57。

 


 野々海池は6日以来、5日ぶり。じつは8日朝に行こうかと思ったのですが、「昨日行ったが、あなたが写真を見せてくれた様子と変わっていなかった」という情報を得て、止めにしました。そして、気温が高い日が続いたので、「あまり進んでいないだろう」と思っていたのですが、昨日、鳥甲牧場や五宝木の様子を見て、「里で高温が続いていても、やはり特定の場所は紅葉が進むのだ」と考え直し、今朝、野々海池に向かった次第です。
 今日は同行者がいてくれたお陰で、平素は単独行動を慎んでいる場所にも行け、いろんな写真を撮れました。
 今秋は、天候との関係で、ひょっとするともうチャンスがないかもしれないと思っています。

 

(了)

 


特別な場所で紅葉を楽しむ

 

 

 

 霧が発生していて、紅葉が鮮明には見えませんが、こういう景色もなかなかいいものです。
 日出山線から鳥甲牧場への道に入ってしばらく進み、右手の高倉山の尾根を午後0時55分に撮ったものです。

 

 今日の栄村は雨こそ降らないものの、一日中、曇天。気温は昼頃で20℃台。今日も季節外れの高温でした。しかし、日出山線を進み、上日出山集落(現在は居住者なし)を過ぎたあたりから、長袖シャツ1枚では少し肌寒さを感じ、用意していた上着を重ねました。今日の目的は五宝木集落の5世帯への「復興への歩み」の配達と、極野と五宝木を結ぶ村道鳥甲線の法面工事(震災の復旧です!)現場を見ること。
 鳥甲牧場、五宝木、鳥甲線はやはり別世界、格別の場所でした。しばしば、「秘境秋山郷」と言われますが、いまの秋山郷にそんなに秘境感はないように私は思います。鳥甲牧場〜五宝木〜鳥甲線こそ“秘境”だと言えるのではないかと思います。

 

 今日撮影したものから30枚をピックアップし、ほぼ撮影順に紹介します。

 

鳥甲牧場から村道鳥甲線に下る途中で、午後1時3分撮影。

 

 

法面工事の現場。午後1時29分撮影。下は同じ現場の9月26日の様子。

 

 

法面枠の工事をしている職人さんたちと鮮やかな紅葉。

 

 

釜川の峡谷。午後1時38分。紅葉のピークはあと1週間後くらいでしょうか。

 

やはり釜川の峡谷右岸の山頂を眺めたもの。午後1時41分。

 

これは鳥甲線を五宝木にむかって走る時、あるカーヴを曲がったところで、真正面に見える。春には下方に見える岩のところが雪融け水の滝になります。午後1時44分。
 この地点で長岡ナンバーの女性と出会った。「この先は通行止めですか?」と尋ねられ、「はい」とお答えした。鳥甲線の良さを知る人なのだろうと思う。

 

鳥甲線と釜川の間にブナ林が広がる地点で、林を撮りました。午後1時46分。

 

7月にヒメボタルがとぶ林です。午後1時49分。

 

 

 

飯盛橋にて、2枚。午後1時52分。

 

五才橋手前で鳥甲線の極野方向を振り返ったもの。午後1時57分。

 


五宝木川橋上からの眺め。午後2時。

 

 

五宝木集落、山田政治さん宅の畑からの眺め。手前は野沢菜。その向こうに大根。午後2時2分。

 

  政治さん宅でしばしお茶のみ。「今年の大根はうまい! たくさん持って行け」と言っていただき、8本ほど軽トラの荷台に積んで持ち帰りました。これを頂くのは明日以降の予定。
 

 


 
 
鳥甲線から鳥甲牧場に上る山道にて。午後2時45分と47分の撮影。
 
 

ここからは鳥甲牧場にて。午後2時50分〜56分の間の撮影。


 
 
 
 今日のアルバムの1枚目の高倉山の尾根が写真右奥に見えます。
 作業中の軽トラが見えたので、その現場に向かいました。
 
 
大根の収穫作業をされているのは五宝木集落の福原利雄さん。
 
 
 
  栽培・収穫されている大根は普通のものより短くて、やや太めのもの。
   「ミニサラダ大根」という品種で、「小太り」とも呼ぶそうです。
  「持って行くか?」と言っていただき、「すぐにサラダで食べたいなあ」と思い、1本いただいた。その料理は後ほど。
 
 
 高倉山です。
 
 
 
 
遠くに見えるのは苗場山。


   
 
 このアルバムの1枚目とほぼ同じ地点で撮影しました。午後3時4分。霧がかなり晴れています。
 
 
高倉山の尾根が見えるのは鳥甲牧場から日出山線に下る時の左手ですが、右手を見ると雲海。
 
 
鳥甲牧場〜日出山線間の坂道は紅葉の盛りになってきています。午後3時7分。
 

 

 
 帰路は日出山線を日出山には下らず、津南町の結東方向へ。妙法育成牧場沿いのブナがトンネル状になっているところです。午後3時15分。

 
  さて、最後に、福原利雄さんからいただいたミニサラダ大根の料理2点を最後の頁で紹介します。
  サラダはサラダとすぐにわかりますが、もう一品は桂剥きした大根で、神楽南蛮とミョウガの味噌を巻いたものと、大根葉を巻いたもの、そして大根おろしです。
 料理は私がいつも通っている津南町の「味郷」さんにお願いしました。
 
 
 
 
 
 
   素敵な一日でした。
   
   (了)


10月8日の秋山郷、紅葉の様子

 

 午前9時出発で、日出山線経由で秋山に向かい、奥志賀高原まで進んで、紅葉の様子を見てきました。
 紅葉状況の観察そのものが目的というよりも、ある課題をめぐって知り合いの人を案内することが主眼のドライブでした。そのため、紅葉の様子をくまなく撮影したというわけではなく、不充分な点が多々ありますが、撮影できたかぎりで様子をお知らせする写真をアップします。
 冒頭の写真は、午後0時10分、秋山林道を切明方面から進んで、コミズが視界に入った地点(下写真参照)で、「小水の頭」と思われるところを望遠で撮ったものです。

 

 

 

ミズノサワは・・・

 

 切明方面から進んできた時のミズノサワの全体像と、志賀高原方面から進んできた場合に正面に見える姿の全体像。見頃になるにはまだ1週間ほど必要かなと思います。0時16分頃撮影。

 

 

 

ミズノサワの上方を見たもの。つぎも上方ですが、上の写真よりも右手を見たもの。

 

 


奥志賀まで進んで

 

奥志賀公園栄線、奥志賀の起点から2.8kmの地点。奥志賀方向を撮影しています。つぎは、秋山郷方向の道路右側を撮影したものです。午後1時30分すぎ撮影。

 

 

 このあたりはもう見頃なのだと思います。雑魚川橋の手前あたりまでで、それより先は、気温次第ですが、まだ4〜5日ないし1週間くらい必要かなと思います。

 

奥志賀高原ホテル手前から。紅葉がしっかり見られる手前の山は又七山(1807.1m)だと思います。

 

 

天池から鳥甲山を望む

 

 

 午前10時20分頃撮影。中腹に雲がかかっているのが残念ですが、こういうのもまたいいかなとも思います。
白瑤瞭をクローズアップしたものはつぎの写真。

 

 

 

 

布岩付近

 

「栄村復興への歩み」No.317の1頁で紹介した布岩山東側の様子。山頂はすっかり紅葉していますが…。
布岩の定番撮影のアングルでは、下に示す写真のとおり、まだ紅葉はほとんど進んでいません。

 

 

布岩山〜屋敷山の間は山頂の紅葉が進んでいます。
布岩付近の撮影は午前10時少し前です。

 

 

 今日は秋山でも日中、20℃を超える異常な高温。あと1〜2日、そういう状況が続きそう。
紅葉の今後がちょっと心配です。

 

(了)


標高1600m近くから眺める紅葉

 

 

 

 

 

5日午後、再び、奥志賀公園栄線を進み、太次郎山のあたりまで行った。
「来年使える写真を撮っておきたい」という思いだったのだが、紅葉がまだ100%ではないこと、私の撮影力が未熟であることから、そんなにいいものは撮れなかった。カメラ技術は皆無に等しく、その場を何度も踏むことで“いいもの”に廻り合えるようになってきた私の場合、このゾーンもあと何十回も訪れることが必要なのだろうと思う。
出かける前は村の中心部から見た南西方向の空が青くなく、心配したが、行ってみると実際は素敵な青空と雲が広がっていた。なんとか3枚をピックアップしてみた。3枚目では遠くに栄村のスキー場、地震による山腹崩壊の跡がはっきり見える。このページの2枚は走っている場所(撮影地点)が標高1,600mほどの山腹であること、北野川と天代川の間の尾根を見下ろす位置であることを理解していただくために掲げた。下の写真の左奥には妙法育成牧場が見える。
 


10月4日朝の野々海

 

 

 雨がほぼ上がったので、3日ぶりに野々海に上がってきました。野々海池周辺での撮影は9時すぎからの15分間ほどです。1枚目は野々海池の西窓方向のクローズアップ。2枚目は三叉路。
 以下、写真を並べていきます。

 

野々海池入り口

 

三叉路から野々海池入り口にむかう途中、池が東窓方向にむかって狭くなるところが見える地点があります。そこの様子です。

 

水が増え、余水吐から水が流れ出しています。

 

堤の上から振り返って。晴れていれば、毛無山頂上がはっきり見えるのですが。

 

 

堤から入り口に戻るとき、水番小屋そばから上を
眺めたときのもの。

 

 


ここからは、野々海へ上がる途中に撮影したもの。

 


8:48撮影。

 

ケンノキ。標高約800m。8:53撮影。

 

円筒分水器。9:01撮影。

 

円筒分水器の地点での平滝からの道を振り返ってみた。

 

 

平滝へ下る途中、鳥甲山・苗場山方向を眺めた。9:31撮影。

 

1日に野沢温泉スキー場を越えた奥志賀公園栄線から尾根の紅葉を見たが、その尾根を野々海線から眺めてみました。
あまりに遠くで確認しづらいですが、尾根の紅葉が見えます。9:35撮影。

 

 

 三叉路は週末3連休がピークになるでしょう。野々海池は晴れる8日にはかなりいい感じになっているのではと思います。黄葉を中心に楽しまれるのならば、8日がお薦め。真っ赤な状態は15日頃がピークになるのではないでしょうか。気温次第では早まることもありえるかと思います。

 


170kmを走って、〈紅葉のいま〉のすべてを撮ってきました

 

 10月に入った今日、ほぼ一日を費やして170kmを走り、栄村の全域にわたって紅葉の状況を見てきました。
 上の1枚は午前9時57分撮影で、「栄村」という看板が見えることから明らかなように、栄村なのですが、栄村の人のほとんどが見ていない景色だと思います。箕作から奥志賀公園栄線に入って約27km、野沢温泉スキー場を通り抜けた先です。北野川と天代川の間の尾根を登りきったあたりです。ここから約10kmくらいの間は「すっかり紅葉している」と言っても過言ではないくらいにきれいでした。
 次頁以降でこの10kmほどの区間の様子を7枚示しますが、その前に、今日の行動概要を記しておきます。
 午前7時半頃に平滝から野々海に上がり、三叉路と野々海池の様子を撮影。その後、下って、いったん給油(8時半)。その後、奥志賀公園栄線へ。途中、カヤの平に立ち寄りましたが、奥志賀まで。奥志賀高原リゾート地域を初めて見た後、奥志賀公園栄線を戻り、秋山林道に入り、切明へ。昼食をとった後、和山線−405号を通って天池に立ち寄った後、小赤沢へ。小赤沢で「じょんのび茶屋」で少し休み、その後は東秋山林道を通って清水川原に下り、405号に戻って津南、そして村に戻りました。午後4時半頃だったと思います。

 

 

 この1枚を撮ったところの全体像は下の写真です。

 

 

 

 

 今日、この一帯では「志賀高原ロングライド」というサイクリング大会が開催されていました。写真に見える人はその参加者です。

 

 

 なんと中条川上流1号崩壊地、さかえ倶楽部スキー場が真正面に見えました。じつは昨年もこのコースを紅葉期に走っていますが、時間帯が今日よりも早く、霧が立ち込めていて、こういう景色は見えませんでした。

 

 

 

 

 この後、奥志賀公園栄線は木島平村域に入ります。そして、私は奥志賀公園栄線からいったん離れてカヤの平へ。

 

 

 

 カヤの平にて。午前10時45分。牛が寝そべっています。

 

 

 

 

 雑魚川沿いの「奥志賀渓谷コース」に少し立ち寄り。午前11時25分。

 

 

 午後0時5分。奥志賀公園栄線の奥志賀起点から1.2kmの地点にて。

 

   

 奥志賀から戻り、秋山林道に入る手前。午後0時25分。

 

 

 大滝への入り口。午後0時30分。

 

 

 

 ミズノサワ。下の方はまだ色づきが少し始まったのかなという程度ですが、望遠で鳥甲山連峰の尾根を撮るとばっちり紅葉を捉えられました。肉眼でも見えます。午後1時12分。

 

 

 コミズの上部。これも肉眼で確認できます。ミズノサワ〜コミズは今後の天候、とくに気温次第ですが、7〜10日の連休にはかなり下の方まで紅葉が下ってきているのではないでしょうか。

 

 

 

 切明の釣り橋。午後2時33分。このあたりは見ごろはやはり10月15日頃になってしまうでしょうね。

 

 

 切明から和山にむかう途中、ムジナ平から鳥甲山への登山道が見える場所があります。時間帯的にあまり鮮明なもんが撮れませんでしたが、紅葉が確認できます。午後2時37分。

 

 

 天池から。午後2時56分。鳥甲連峰の姿を捉えるにはいい時間帯ではないです。
 この辺りの紅葉はやはり15日頃まで待たないといけないのでは、と思います。

 

 

 順序が逆になりますが、今日最初に行った野々海のものを2枚、最後に紹介します。

 

 

 野々海池の西窓方向。野々海池の紅葉が最も進んでいるのはこの方角です。

 

 

 野々海三叉路。いまの時期はこのアングルが最もきれいだと思います。午前7時50分。


(了)

 


わずか1日でぐっと進んだ

 

 昨29日夜、そして今朝は冷え込みはなかったが、28〜29日の冷え込みの効果がさらに出て、野々海の紅葉は29日朝よりもぐっと進んでいた。1枚目は野々海三叉路。

 

 

東窓入り口付近。

 

野々海池入り口から。

 

野々海池西窓方向。

 

野々海池正面方向。

 

野々海池西窓方向クローズアップ。

 

東窓

 

東窓

 

 


ぐっと冷え込んだ朝、湖面に映る黄葉

 

 昨夜(28日夜)は灯油を用意し、寝る前にストーブに点火。今朝もフトンから脱け出る前にスイッチ・オン。
そんな冷え込みの中、だからこそ、野々海池にむかった。到着はちょうど7時ころ。
 今週前半の陽気で停まっていた紅葉、野々海の湖面に映る黄葉が鮮やか。水番小屋のそばからの一枚。白い筋状のものは湖面を流れる霧。
 下は全体像。奥に見える霧の立ち昇りもクローズアップしてみる。

 

 

 


 定番的なアングルのものも一枚。あと1週間で相当にいところまで進みそう。

 

 

 

深坂峠から見る越後の山並みと雲海

 

 

 


 深坂峠から野々海池にむかう信越トレイルの道の出口にて東窓の紅葉をのぞく。
 ここでは、小川の水が溜まり、普通の靴では進めなくなっていたので、水に手を突っ込んで、水を止めている落枝や落ち葉を取り除いた。

 

 

 

 

 深坂峠〜東窓間のトレイル路で上を見上げる。
 足もとにはこんな地層。

 

 

 

 

 三叉路はこんな様子。

 三叉路で長野から「キノコ採りに来た」というお二人に出会った。見せていただいたキノコのあれこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 三叉路から少し下ったところにて。位置からすると、妙高山と火打山ではないかと思う…。

 

 

 

 野々海水路の円筒分水器と紅葉のはじまり。

 

 

 

 今秋、とても気に入っているのがミゾソバの草紅葉(くさもみじ)。上はそのクローズアップ。

 

 

 

 

 平滝に下るときに見た鳥甲山と雲海の図。

 

 雲の流れを3枚の写真でご覧あれ。ほんの10数秒間の動きです。