プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

初雪の翌日の風景から

 

 森の開田から下ってきた時に目にした風景。
 今日、いちばん最後に撮った1枚です。午後4時20分撮影。
 正面左に見えるのは高倉山、右は鳥甲山。この30分ほど前、開田を上る際には雲海はまだ出ていませんでした。
 栄村で暮らしていても、こういう風景はそう見られるものではないし、撮れるものではないと思います。午前中に上った人の話によれば、開田の上部には30cm以上の積雪があったそうです。しかし、偶々、今日は中条川上流の山腹崩壊地点で、森開田用水頭首工工事と1号崩壊地崩壊斜面の吹付工事の竣工検査があり、その関係で車が走れる状態になっていて、こういう写真が撮れました。
 いつ、初雪が降るか、その積雪量はどのくらいか、初雪時にまだ紅葉の名残りがあるかどうか、こういうことは自然界が決めることで、人間がいくら求めても、この写真のようなシチュエーションを自在に得ることはできませんが、「この道路を12月初め頃までは除雪するとすれば、いい観光スポットの提供ができるなあ」なんて思ったりしました。

 

 

 

 同じく鳥甲山、高倉山が見えますが、こちらは「トマトの国」の前からの撮影。午後2時20分すぎです。
 左手前に見える雪の山は「トマトの国」駐車場の積雪の除雪で出来たものです。今朝は除雪なしでは駐車場に入れない状況でした。

 

 

 横倉の田んぼからの眺め。紅葉の名残りが綺麗な手前の丘陵は青倉の四つ廻りです。飯山線のレールも見えます。午後2時半すぎ。

 

 

 同じく横倉の田んぼから。先の1枚と同じ方角を見ていますが、少し違う場所から、より遠景を撮ってみました。

 

 

 上の1枚と同じ地点から、横倉の民家も視界に入れて撮りました。

 

 

 午後3時40分すぎの撮影ですが、太陽はもう夕陽の感じ。雪が融けた田んぼの水溜まりに夕陽が映っています。

 


 午後4時17分に森の開田から撮った山並み。私には確かではないのですが、左側の山が八海山なのではないでしょうか。夕陽に映えて、少しピンク色に見えました。

 


栄村復興への歩みNo.320(11月18日付)

 

箕作平滝大橋が開通
〜久保田・油科両家3代家族が渡り初め〜

 

 11月15日午前、県道箕作飯山線の全線開通にむけて箕作平滝大橋の開通式が挙行され、箕作の久保田光具さん、平滝の油科仲一さんのそれぞれ3代家族が渡り初めをされました。上写真は、みなさんが箕作側から渡り始め、橋中央に向かわれるところです。
  *久保田光具さんは百合居橋の渡り初めも経験されているそうです。

 


 箕作平滝大橋は全長169m、車道幅5.5m(+路肩、堆雪帯が両側に各1.75m)で、緩やかなカーブと勾配をともなう、非常にゆったりした素晴らしい橋です。今回は、箕作平滝大橋と小箕作橋、取付道路の379mの区間が通行できるようになりました。

 

● 明石大橋の橋脚建設は先月着工、全線開通は2020年の予定
 県道箕作飯山線の箕作〜明石(あかいし)間の交通不能区間を解消する事業は全長2kmに及ぶもので、もう1つの大橋・明石大橋の橋脚建設は先月着工されました。千曲川の水量が減少する冬期に工事が行われるため、今冬と来冬の2シーズンを要し、3年がかりの工事となります。

 


 上写真が明石大橋の建設現場。現在は工事用道路を造っています。写真右手奥に国道117号線白鳥大橋が見えます。対岸が明石地区です。

 

● 60年間に及ぶ悲願の実現へ第一歩。“災害に強い道路ネットワーク構築”が大きく前進
 県道箕作飯山線の箕作〜明石間の開通を求めて栄村と野沢温泉村が期成同盟会を結成したのは60年前。昔は、明石の子どもたちが栄村の学校に通っていて、明石と栄村のつながりは非常に強いもの。明石大橋が出来て、全線開通となれば、明石と栄村の新たな絆が生まれるでしょう。
 今般、箕作〜明石間の整備が進められたのは6年前の震災が直接のきっかけ。栄村震災復興計画の“災害に強い道路ネットワークの構築”を実現すべく、国道117号線が通行不能となった場合のバイパスとして計画されたのです。平成24年度〜27年度は国から「社会資本整備総合交付金(復興)」が交付されました。現在は5年間の復興期間が終わったため、「社会資本整備総合交付金(広域連携)」という枠組みで引き続き国費が投入されています。
 2020年(平成32年)の全線開通へ、みなさん、工事の進捗状況にご注目ください。


笹原〜長瀬間の土砂崩れ・通行止めについて

 本紙前号でお伝えした笹原〜長瀬間の県道の土砂崩れ・通行止めですが、県が応急措置と本格復旧にむけて種々の措置を講じています。
 災害直後の10月26日に太田副知事が北信地域の視察で村を訪れた際に現場を視察。27日には森川村長が県庁を訪れ、油井県建設部長に対策を要望。また、11月13日には、県道秋山郷宮野原(停)線の整備を求める地元期成同盟会が年に1回の陳情で県庁を訪れ、東部と秋山の区長会などが今回の災害に対する緊急かつしっかりとした対策を要望しました。
 県(北信建設事務所)では現在、土砂や倒木の撤去作業を進めるとともに、ボーリング調査などを行い、さらなる土砂流出や冬期の雪崩の可能性などを検討し、通行止め解除(片側通行)の早期実現と来春以降の本格復旧の具体策を詰めています。具体的な策が固まれば、地元住民への説明会を開催する予定のようです。
 11月16日に開催された議会全員協議会(議長提出)では、以上のような状況を議員全員で確認し、いっそうの要望活動などが必要な場合、議会として迅速に行動することを申し合わせました。

 


道路上の倒木・土砂が撤去された(17日午前撮影)

 

災害現場の全体像(急崖の上は原向の田んぼゾーン)

 

崩壊面をクローズアップで見ると、不安定な状態であることがわかる。


ドローンを栄村で積極的に活用しましょう

 みなさん、“ドローン”という名前を耳にされたことはありますよね。また、「実物は見たことはないが、テレビでドローンが飛ぶ様子を見たことはある」という方も多いことと思います。
 そのドローンを栄村でいろんな用途に積極的に活用しようという提案をします。

 


 これはさかえ倶楽部スキー場をドローンで撮影したものです(9月撮影)。村で暮らす人はスキー場を目にする機会が多いと思いますが、こういう角度で見ることはないですね。ドローンだとこういう画像が自由に撮れます。スキーシーズンにも撮影してみたいと考えていますが、さかえ倶楽部スキー場の魅力がアップすると思いますね。

 

● 災害対策、有害獣対策、観光、農業、子どもの競技・・・、色んな用途があります
 本号の3〜4頁でも取り上げている県道笹原〜長瀬間の土砂崩れ災害。こういう災害が発生した場合、ドローンを飛ばせると、災害発生からあまり時をおかずに災害の全体像、土砂崩れが最初に生じた地点の様子などを上空から撮影することができます。すると、災害対策の検討も素早くできるようになります。
 少し初期投資経費が高くなりますが、ドローンに赤外線センサーを搭載して飛ばすと、クマ、イノシシ、シカなどの有害獣が山の中にいる地点を捉えることができます。そうすると、有害獣が里に出てくることを防止したり、駆除したりする対策が大きく進みます。農業では、薬剤散布、田畑の観察・管理などに活用できます。
 観光への活用も無限の可能性を持っています。観光客がゴーグルを着用し、自分がドローンの目となって、空から栄村の素晴らしい景観を縦横無尽に楽しむことができるのです。
 さらに、ドローンは子どもたちの健全な遊び、スポーツ競技にも活かせます。ドローンを操縦することは目と指と頭を使い、その能力を発達させます。先日、栄村の小学校5年生が初めてドローンの操縦に挑戦する様子を見ましたが、子どもは上達が早いですね。

 

● 素晴らしい支援者がおられます。民間と村が一体となって、栄村での取り組みを進めましょう
 ドローンの機種を2つ、紹介します。

 


 これは重量200g以下のドローンで、ドローンの操縦技能を習得する練習用の機材として最適のもの。価格は1万円台です。11月11日にグリーンピア津南で栄村の人が室内練習している際に撮影しました。

 

 

 こちらは「Inspire(インスパイア)」という機種で価格42万円。カメラが付いているのが確認できますが、飛行時にカメラが360度回転します。観光に威力を発揮すること間違いなしです。
 この他、価格26万円程度の機種もあり、災害時の初期調査などは、その機種でできるのではないかと思います。

 

 じつは栄村の隣り、津南町にはすでに「津南ドローン協議会」という団体があります。これを支援されているのが東京の大田ドローン協議会で、松田美房さんという方が月1回のペースで訪れ、さまざまな指導・支援をして下さっています。その大田ドローン協議会、松田さんがボランティアでの栄村への応援の意思表示をして下さっています。
私はすでに村(役場)にも種々の提案をさせていただき、協働で話を進めつつあります。多くの村民の方々のご賛同・参加をいただき、ドローン活用を進めていきたいと思います。


むらの風景

 

野々海池、今季初の雪化粧
11月13日午前の撮影です。
野々海水路の普請はすでに11月5日に終えられています。その際、一部の場所でわずかな雪が現認されましたが、本格降雪は12日夜〜13日朝が初のようです。

 

 


晩秋のアスパラ畑にて
立茎させたアスパラを刈り取る作業が行われているアスパラ畑と紅葉晩期の樹々、そして関田山脈。程久保集落にて17日午後。

 


モクモク上がる薪ストーブの煙
15日夕、秋山郷・屋敷集落にて撮影。


編集後記

  • -
  • 2017.11.20 Monday

・ ここしばらくの間、発行と配達のペースが落ちています。その原因をいろいろ考えてみました。色んな要因が絡んでいますが、いちばん大きな要因は私がこなさなければならない仕事の範囲(種類)が増えていることにあると思うに至りました。
さまざまな仕事、それぞれ必要があって取り組み始めたものですから、「あの仕事は削る」というわけにはいきません。少し時間がかかりますが、やるべき仕事をじっくり見つめ、どういうふうに仕事を廻していけば、「復興への歩み」の制作や配達がうまく定期的にやっていけるのか、考え出していきたいと思います。その中で、みなさまに「こういうことをお手伝いいただけませんか」とお願いすることも出てくるかもしれません。


・ そういう多忙な日々の中ですが、美味しいお蕎麦をいただく機会がありました。森集落の収穫祭です。No.318で紹介したソバ刈り作業をうけて、11月12日、森公民館でソバ打ち、そしてお蕎麦をいただく催しがあったのです。

 


・ 「栄村復興への歩み」を有料化させていただく件ですが、来年2月ないし3月からの実施にむけて、みなさまにご協力・ご支援をお願いする文書を別途用意しました。順次、お届けさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(この文書については、ブログにおいても別途公開させていただく予定です)
 


11月19日朝の配達日誌

 

 写真は森集落のお宮・健森田神社が雪化粧した姿で、午前9時37分撮影。

 今朝、目覚めたのは7時頃。昨日はなにかとても疲れていたので、ゆっくろ眠った。
 窓から外を見て、びっくり。予想を超える積雪。7時45分撮影の窓外の景色が次の写真。

 

 

 昨夜、ネットの天気予報を見ると、「午後9時〜 湿雪」となっていたので、午後10時すぎに外を見たが、まだ雨だった。就寝したのは午後11時半〜0時頃だっただろうか。

 午前9時20分頃に配達等のために出かけたが、7時45分すぎよりも積雪量が増えていた。

 


7時46分

 

9時21分

 

 次は9時37分。森の国道117にて。太陽も見えて、一部には青空も。
 今日一日、変わりやすい天気になるのだろうが、まあ、そんなに大雪になることはないのだろうと思う。

 

 

 

 あと数枚、紹介する。

 


 森宮野原駅の裏手。残る紅黄葉と白い雪のコントラストがきれい。10時12分。

 

 志久見川が千曲川(信濃川)に合流する地点。10時39分。

 


 国道117号線宮野原橋付近の気温表示。1℃。

 

 配達で出会った人の言葉。「初雪がこんなところ(注:集落・里という意味)まで来るなんて。『山に3回、それから里』という順番なのに」。たしかに、水内側の山が白くなったのは先日16日の1回だけ。「里に11月19日初雪」というのは、初雪の時期としてはけっして早いというわけではないが、予想以上の雪にちょっと驚いた。
 配達で国道や集落内道路を走ったが、もちろん除雪を必要とするような状態ではない。タイヤはすでに交換してあるので不安はないが、道路脇に積雪があって、道の端、側溝などが見えないので、慎重な運転をしないと、バックや切り返しの時などにタイヤを落としかねない。その点を注意して、午後も配達に廻る。


スキー場、今季初の雪化粧

 

 午前7時5分の撮影。
 窓辺に立ったら、思いもしなかった雪景色が目に飛び込んできて、びっくりしました。スキー場が白くなったのは今季初。

 

 「15日夕から雪の可能性」という天気予報でしたが、夕刻頃は秋山郷でも意外と気温が高く、雨が降るも、雪の気配はありませんでした。しかし、午後10時すぎだったでしょうか、暖房を入れている室内でも気温が急激に下がったのを体感しました。昨夜の天気予報では、「16日午後みぞれ、さらに湿雪」ということだったので、今夕には雪景色を目にするとは思っていたのですが、実際は半日早く目にすることになりました。
 私が写真を撮った直後からは霧が立ち込め、午前7時半現在では、白くなったスキー場の姿はほとんど視界に入りません。
 今朝のスキー場頂上方向のクローズアップと、昨朝の紅葉の名残りが鮮やかな姿を示しておきます。

 

 


今季初、雪化粧の野々海池

 

 13日午前10時14分、野々海池の堤の上からの撮影。
 昨日の午前、秋山でかなりの積雪があったと聞いていたので、「野々海も積雪したのではないか」と思い、平滝から上ってみました。ケンノキ(標高850mくらい)で道の脇にわずかに雪があるのを現認。間もなく、道路脇にはずっと雪がある状態に変わりました。
 昨年、一昨年は初積雪の後に野々海池まで行くのに随分と苦労しましたが、今年はほんのわずかな積雪だったので、スムーズに野々海池まで行けました。三叉路から池入り口まではすっかり雪道でしたが、すでにタイヤ交換は終えていたので、不安なく進めました。
 野々海池を中心に、何枚かを紹介します。

 

 

野々海池入り口

 

池入り口付近の道路の様子

 

余水吐。
かなりの水量です。

 

水番小屋では、屋根から雪が落ちたことがはっきり確認できました。

 

 

深坂峠。写真真ん中に見える道は信越トレイルのコース。

 

深坂峠からの眺めです。
右側手前は天水山。遠くに冠雪している越後の山並みが見えます。

 

 

野々海水路の第3分水点。森へ向かう水と青倉に向かう水を分ける円筒分水器です。真っ白な地面と真っ青な空のコントラストがとてもきれいです。

 

 

今日、最初に撮った写真です。鳥甲山や苗場山が見えています。その手前に浮かぶ薄い雲(朝霧)がとても印象的でした。9時43分撮影。

 

前の写真を撮った地点での別アングルの風景。
紅葉の名残りがきれいです。紅葉ピークとはまた違う独特の良さがありますね。こういう様子が見られるのは標高500〜600mくらいまでかなと思います。

 

 

この季節、私が楽しみにしている眺め。正面に妙高山と火打山が見えています。今日が快晴で最高です。
山のクローズアップは次頁。

 

火打山(写真右手)はもう真っ白ですね。

 

 


 最後に、野々海から下った後に平滝集落で撮った1枚。

 


 久しぶりの好天に、保存用の野菜を天日で干す様子が随所で見られました。

 

 

 今日、野々海で出会った車は2台。野々海池入り口の1台は無人。キノコ採りにどこか山の中に入っているのでしょうか。タイヤがノーマルなのが気になりました。
 もう1台は深坂峠にて。長野市から来られたそうです。きっちり冬タイヤ装備。写真撮影が狙いのようで、三脚を担いで車は通行止めの峠道を下っていかれました。この季節、野々海は写真撮影に絶好のスポットです。


栄村復興への歩みNo.319

長瀬〜笹原間の土砂崩れ災害は深刻な状況
 栄村村内でも、直接に影響を受けている地区以外ではあまり詳しく知られていませんが、10月23日の台風21号による土砂崩れの災害が村民等の暮らしに大きな困難をもたらしています。とりわけ長瀬〜笹原間の土砂崩れ−通行止めは11月3日現在ですでに12日間にわたっており、さらに長期化する見通しです。本号では、この長瀬〜笹原間の土砂崩れを中心に台風21号による土砂災害の全貌をレポートします。

 

● 長瀬〜笹原間の災害の状況
 県道秋山郷森宮野原(停)線(507号線)の長瀬〜笹原間で土砂崩れが発生し、県道は倒木と土砂で完全に埋まっています。

 

写真1

 

 写真1は10月25日撮影で、長瀬側からの様子です。

 

写真2

 

 写真2は、道路上に堆積している土砂の上に立って、土砂が流れ出した斜面の全体像を撮影したものです(11月2日撮影)。さらに2頁に土砂崩れが発生した箇所をクローズアップした写真を掲載します(写真3、11月2日撮影)。

 

写真3

 

 写真3を見ると、広葉樹が生えているところと杉林の境界に沿って崩壊が発生しています。また、この地点には雪崩防止柵が2段、設置されていますが、上段の1基がコンクリート製のコンクリート土台もろともえぐり取られ、落ちています。

 


写真4

 

 写真4は道路下を撮ったもので、写真奥に北野川の水の流れが見えます。また、写真真ん中にガードレールのワイヤーが見えます。道路そのものはそんなに傷んでいないように思われますが、路肩は少し損傷している可能性があります。

 

● 北信建設事務所の当面の対処方針
 ここは県道ですので、土砂崩れへの対応措置は村ではなく、北信建設事務所が行っています。
 2日までに県建設事務所があきらかにしている対応措置は、以下のように整理できます。
    イ) 道路上の倒木や土砂の撤去を進める。
    ロ) 土砂崩れ発生箇所及びその周辺において

     ボーリング調査を実施する。
     主な調査内容:岩盤はどれくらいの深さにあるか、

     崩土が堆積しているか(→あれば、次の雨などで流

     れ出す)、崩壊地点よりも上の箇所の地盤状況
    ハ) 道路上の土砂等の撤去が終わっても、ロ)の調査

     が進み、安全性の確認ができるまでは通行止めを続

     ける。
    ニ) 長瀬〜原向を結ぶ県道を迂回路とする。
 写真から明らかなように、かなり大きな土砂崩れですので、「安全性の確認」となれば、以上の措置はやむをえないと思います。したがって、通行止め期間は不定で、しばらくの間続くと受けとめざるをえません。

 

● より深刻なのは積雪期間の問題
 秋山郷では10月30日に里地でも初雪が降りました。本格的な降雪・積雪まで1ヶ月半ほどしかありません。
 安全性確認ができて、応急復旧措置が実施されたとしても、写真に見られるように、積雪が滑り落ちるのを食い止めるものが何も無くなった斜面の対策をどうするかが大きな課題として残ります。わずか1ヶ月半の期間では雪崩防止柵の本格的な設置は困難と思われます。

 

● 迂回路が抱える困難・危険
 現在、旧北野校区の人たちは、長瀬から原向に上り、天代に下るコースを迂回路として指定され、利用しています。
 しかし、この迂回路、冬期間は原向から長瀬に下る坂・カーブ区間が凍結しやすく、車が滑る危険度が非常に高いところです。今冬の全期間、このコースを迂回路とすることは望ましくありません。
 たとえば、スクールバスに使用されている南越後交通の大型バスが冬期間、このコースを下ることは回避すべきだと考えられます。

 

● 地元住民の声を建設事務所に届けることが重要
 なんとか、長瀬〜笹原間の通行を可能にできないか。現時点では誰も確たることは言えない状況だといえますが、県建設事務所、村、そして地元住民が話し合い、地元住民の声がしっかり届く状況の中で対策が検討され、進められることが重要です。
 1つの事例を紹介しておきます。
 震災で中条川上流の山腹が大きく崩壊し、土石流が発生した森集落・中条地区。2013年9月の台風による大雨で再び土石流が発生した直後、北信建設事務所と県林務課が合同で現地住民への説明会を開催しました。そして、その場で住民が率直な疑問や対策措置についての要望をどしどし出しました。住民は、「川の中に砂防ダムを造るのではなく、道路・田畑に土砂が流れ出さないように側堤を造ってほしい」と要望しました。しかし、土石流対策として側堤を造るという事例はあまりなく、説明会に参加し要望した住民は、「建設事務所の人たちは『何を言っているの?』という感じだった」と振り返っています。簡単に言えば、「無視された」という感じを受けたのでした。
 しかし、それからおよそ1年後ですが、ある日、北信建設事務所から「地元説明会をしたい」という話がきて、参加してみると、「みなさんから要望があった側堤(導流堤)を造りたい。基本構想を示すので、みなさんの意見を聞かせてほしい。建設事務所だけで設計を決めることはしない」という話でした。結局、3回にわたる説明会があり、住民の意見も反映された工事計画が決められ、旧森林組合事務所跡付近、白山神社付近の2ヶ所に導流堤が2016年に建設され、地元住民が安心して暮らせる大きな支えになっています。
 話を長瀬〜笹原間に戻しますが、冬の豪雪期の道路通行の大変さ、どういう危険があるかについてよく分かっているのは地元住民です。建設事務所の人たちは道路建設等の専門家ではありますが、雪の中の暮らしの専門家ではありません。
 あえて言えば〈地元住民の責任〉として、想定される危険や、それを回避するための知恵などをどんどん出して、この冬をのりきれる対策措置がとられるように、全力でがんばっていかなければならないということです。
 対策の第一義的な責任は行政にありますが、とにかく地元が声を出して、なんとかこの困難を打開していきたいものです。

 

● 坪野〜野口間の村道

写真5

 

写真6

 

 写真5、6は坪野と野口を結ぶ山の上の村道です。写真5が10月25日撮影で、写真右側の法面がごそっと丸ごと抜けて、道路を完全に塞いでいます。地震の時にも被害があった箇所です。写真6は11月2日撮影で、この日から土砂の撤去が始まっていました。
 この箇所は村道ですので、役場産業建設課建設係の所管。ひとまず土砂を撤去し、本格復旧工事は来春になると思われます。

 

● 野々海水路管理関係の道路3ヶ所
 野々海水路が平滝・横倉に下る区間で、水路管理に関わる道路が3ヶ所で崩落しました。
 第1は、平滝ケンノキから横倉上とやを結ぶ道路。2015〜16年に地元が管理道路を自ら整備したところです。

 


写真7

 

写真8

 

 写真7は、村道野々海線からこの管理道路に入り、車で3〜4分進んだ地点で、写真真ん中に道路が崩落で切れているのが見えます。写真8は崩落地点から横倉沢川方向を望んだもの。写真には見えませんが、この土砂が流れて行っている先に横倉沢川があります。
 この地点は、『水内開拓史』に「火山灰土質であるので崩壊の危険に対して注意を払わなければならなかった」と記されています。
 今回は、県が「緊急県単農地防災事業」を施工中のため、県の責任で復旧対策が行われるようです。(写真7、8は10月28日撮影)

 

 第2は写真9で、平滝の堤のすぐそばの地点です。第3は横倉の山の上のサテライト(テレビ中継所)の下近くで、写真10です。写真9、10いずれの地点も村道で、平滝の人たちが水路の管理のために使用しています。

 


写真9

 

写真10

 

 写真9の地点は10月28日朝、すでに土砂撤去の作業が始められていました。写真10の地点は、私が写真9の地点に横倉側から接近しようとしてサテライト下から道を歩いて進む中で偶然に発見しました。30日に役場が現場状況を調査しました。

 

 この他、10月23日当日は月岡での浸水防止のためのポンプによる排水も行われました。
 このように、台風21号は栄村にも大きな爪痕を残しました。
 ここまででかなりのページ数を費やしましたので、今回は一言で済ませますが、これだけの被害があるにもかかわらず、村からの災害に関する情報の発信は少なすぎると思います。なんとしても打開しなければならない問題です。
 当面の最大の課題としては、長瀬〜笹原間の通行止め(不能)の問題の打開のために地元住民とともに全力で対応したいと考えています。