プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

冬はもうすぐそこにやって来ている〜22日朝、野々海で見た景色〜

 

 真ん中の奥に見えるのは日本百名山の一つ、火打山(標高2,462m)。
 野々海から平滝に下る途中、真正面に見え、「あっ! 冠雪している」と驚き、感動しました。午前9時57分の撮影です。
 PCに写真データを取り込んで画像をしっかり見ると、頂上には積雪は確認できず、沢のようなところが白い。「?」と思い、Webで「火打山 初冠雪」で検索してみると、地元紙が10月17日朝の初冠雪を報じていて、21日の写真も掲載されていました。そして、21日の画像と私が撮影したものがほぼ一致。「初冠雪の写真」であることが確定しました。
 撮影地点は、平滝〜野々海間で、地元では「ケンノキ」と呼ぶところ。標高800mくらいで、この時期、晴れていると妙高山とワンセットではっきりと見えます。
 野々海からの帰路に見たのですが、野々海で見た景色も、18日に見たものからかなり変わり、落葉が進んで晩秋、冬の近づきを感じるものでした。

 

 

 

   野々海の三叉路から堤入口にむかって砂利道を進んで間もなく、進行方向右手に見える野々海池の東端の幅が狭くなるあたりを覗いたもの。8時51分。落葉が進んでいることが確認できます。

 

 

 野々海池入口。道が落ち葉で埋められています。

 

 

 水番小屋のストーブの煙突が見えますが、作業の合間に小屋で休憩するには、もうストーブを焚かないと寒いですね。今秋はこれから斜樋の修復作業があり、11月上旬には冬を迎えるための普請があります。

 

 

 三叉路。8時49分。

 

 

 東窓。9時24分。

 


 深坂峠付近。深坂峠から松之山に下る道路は今年も通行止め。徒歩で少し中に入って撮ったもの。山の上は紅葉のピークを過ぎていますが、谷の紅葉はこれからが見ごろ。

 

 なお、野々海峠への道も通行止めになりました。「通行止め」表示を無視して進むと、崩落危険箇所があり、普通車以上の車は切り返しが出来なくなります。「通行止め」を無視した進入をしないよう、ご注意ください。

 


初めて見る野々海池の姿

 

 朝は濃い霧だったが、午前9時頃から秋晴れに。午前9時頃の出発で野々海池にむかった。
 この景色、「野々海池です」と言われて、すぐには呑み込めないかもしれませんね。
 夏の水需要といま進行中の工事のために水位が下がり、池の面積の半分くらいが底面を見せている今秋の野々海池。池のいちばん東端から沢を下って池に入り、底面を歩いて、西端が見える地点まで到達した時に撮ったものです。

 

 

 

 

 いつも野々海池を撮るポイントからのものを2枚。

 

 

 写真右手に水番小屋の赤い屋根が見えます。こんなアングルで撮れるのは池の底面が出ているからこそ。

 

 

 キャンプ場横の野々海峠にぬける林道から。
 池にはこのあたりから下りました。

 

 

 

 

 


15日夕の野々海

 

 「野々海池の紅葉の見ごろは20日頃」と見立て、6日以降、訪れていなかった。
 午後3時半頃、室内での作業を終えて、空を見ると、天気予報とは異なり、かなり青空が広がっていて、「そうだ、西日に映える野々海を見よう!」と思い立った。上の写真は、野々海池の水番小屋の裏手で撮影。午後4時21分。
 西日に照らされる右側と、もう日陰になった左側のコントラストが鮮やか。
 野々海池の紅葉は思っていたよりも進んでいた。
 あと3日後くらいがいちばんのピークになるのではないだろうか。天気予報を見ると、21日(日)がベストの撮影日になるかと思われる。

 

 

16:12。野々海三叉路。

 

16:14。野々海三叉路〜野々海池の道から野々海池の東端を見る。

 

16:18。野々海池入口。

 

16:20。水番小屋付近にて。

 

16:23。野々海池の西方向。

 

16:29。北方向の山から霧がのぼってきた。


野々海三叉路は見ごろ

 

 台風25号の影響で30℃近くまで気温が上がった今日(10月6日)でしたが、午前中、野々海の紅葉状況のチェックに行ってきました。
 野々海三叉路(平滝から上がる道と青倉・スキー場から上がる道が交わるところ)の小さな池(池塘)の紅葉はちょうど見ごろです。後方のブナなどが黄葉するともっといいですが、手前の赤が入る低木や湿地の水草の黄葉はピークを過ぎつつあるようですから、この場所はここ数日が見ごろだと思います。
 湿地の東窓(キャンプ場の横)も、草紅葉が素敵なところですので、やはりいまがピークではないかと思います。
野々海池そのものは「三分(さんぶ)」という感じで、今後の気温状況にもよりますが、20日頃が見ごろになるのではないかと思われます。
(以下、2〜3枚目は三叉路、4〜6枚目は東窓にて、7〜10枚目は野々海池での撮影です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


霧が流れていくと・・・

 

 

 今日13日、午後3時21分の野々海・東窓での一枚です。
 午前中は雨だったが、午後になって雨はやみ、薄日がさしてきたので、午後2時20分すぎに平滝から野々海へ上がりました。でも、標高900mを超えたあたりから、10数メートル先はよく見えない霧。雨が降っているわけでないが、フロントガラスに水滴がうっすら付くような状況。三叉路の湿地もほとんど何も見えませんでした(後ろのページに写真を掲載)。
 三叉路から野々海池に行き、その後、キャンプ場横から野々海峠へ。数メートル先が見えない中、ライトを点けて野々海峠まで行き、途中、何枚かの写真を撮りながら、折り返し。すると、東窓から霧が流れ出していくのが目に入りました。急いでキャンプ場まで進み、車を降りて、木道へ。その途中に撮影したのが、次の写真です。

 

 

 

 


「東窓」で撮った後、三叉路でも霧が晴れていました。
霧の最中の写真とともにご覧ください。

 

キャンプ場から三叉路に到達する寸前のところからの眺め。午後3時25分。

 

手前の低木はもう落葉しています。

 

午後2時43分の三叉路。ほぼ何も見えません。

 

 

野々海池入り口。午後2時46分。

 

目の前にあるはずの野々海池。何も見えません。

 

余水吐から下る水路。

 

余水吐は全面的に水が落ちていました。

 

 

野々海峠への林道にて。

 

 

野々海池出口にて、天を仰ぐような感じで撮った1枚。

 

 

 こういう日に野々海に上るのも結構いいものです。

 

(了)


野々海池が見ごろになりました

 

 今日11日朝8時の撮影です。
 天気情報では「晴れ」と言われていますが、青空はほとんどありません。その中で、野々海池の西窓方向のみ薄めですが青空。
 「見ごろにはもう数日早いのでは」と思われる方もおられるかと思いますが、明日以降はしばらく雨天の模様。また、落葉広葉樹の紅葉はこれくらいのときがいちばん綺麗なのでは、と私は思っています。

 以下、今日撮影したものから11枚を紹介します。

 

 

 


三叉路です。7:50。

 


野々海池入り口から進み、池の様子が見えた瞬間。7:57。

 

池の様子をもう1枚。8:05。

 

 

深坂峠。8:18。

 

 

野々海峠への林道から野々海池へ下りて、堤の方向を眺めた。対岸左端が堤。8:45。

 


同じ場所にて。

 

 


キャンプ場脇から野々海峠への林道に入ってすぐのところで、ブナの木の間から野々海池を見る。
8:54。

 

 


東窓。いつもとは逆方向の撮影。9:03。

 

 

白鳥への水路から野々海池への作業道にて。9:27。

 

同じく、白鳥水路から野々海池への道。誰かと語らいながら散策するのに最適のコースだと思います。
9:29。

 

 

最後にもう一度野々海池。9:57。

 


 野々海池は6日以来、5日ぶり。じつは8日朝に行こうかと思ったのですが、「昨日行ったが、あなたが写真を見せてくれた様子と変わっていなかった」という情報を得て、止めにしました。そして、気温が高い日が続いたので、「あまり進んでいないだろう」と思っていたのですが、昨日、鳥甲牧場や五宝木の様子を見て、「里で高温が続いていても、やはり特定の場所は紅葉が進むのだ」と考え直し、今朝、野々海池に向かった次第です。
 今日は同行者がいてくれたお陰で、平素は単独行動を慎んでいる場所にも行け、いろんな写真を撮れました。
 今秋は、天候との関係で、ひょっとするともうチャンスがないかもしれないと思っています。

 

(了)

 


10月4日朝の野々海

 

 

 雨がほぼ上がったので、3日ぶりに野々海に上がってきました。野々海池周辺での撮影は9時すぎからの15分間ほどです。1枚目は野々海池の西窓方向のクローズアップ。2枚目は三叉路。
 以下、写真を並べていきます。

 

野々海池入り口

 

三叉路から野々海池入り口にむかう途中、池が東窓方向にむかって狭くなるところが見える地点があります。そこの様子です。

 

水が増え、余水吐から水が流れ出しています。

 

堤の上から振り返って。晴れていれば、毛無山頂上がはっきり見えるのですが。

 

 

堤から入り口に戻るとき、水番小屋そばから上を
眺めたときのもの。

 

 


ここからは、野々海へ上がる途中に撮影したもの。

 


8:48撮影。

 

ケンノキ。標高約800m。8:53撮影。

 

円筒分水器。9:01撮影。

 

円筒分水器の地点での平滝からの道を振り返ってみた。

 

 

平滝へ下る途中、鳥甲山・苗場山方向を眺めた。9:31撮影。

 

1日に野沢温泉スキー場を越えた奥志賀公園栄線から尾根の紅葉を見たが、その尾根を野々海線から眺めてみました。
あまりに遠くで確認しづらいですが、尾根の紅葉が見えます。9:35撮影。

 

 

 三叉路は週末3連休がピークになるでしょう。野々海池は晴れる8日にはかなりいい感じになっているのではと思います。黄葉を中心に楽しまれるのならば、8日がお薦め。真っ赤な状態は15日頃がピークになるのではないでしょうか。気温次第では早まることもありえるかと思います。

 


わずか1日でぐっと進んだ

 

 昨29日夜、そして今朝は冷え込みはなかったが、28〜29日の冷え込みの効果がさらに出て、野々海の紅葉は29日朝よりもぐっと進んでいた。1枚目は野々海三叉路。

 

 

東窓入り口付近。

 

野々海池入り口から。

 

野々海池西窓方向。

 

野々海池正面方向。

 

野々海池西窓方向クローズアップ。

 

東窓

 

東窓

 

 


ぐっと冷え込んだ朝、湖面に映る黄葉

 

 昨夜(28日夜)は灯油を用意し、寝る前にストーブに点火。今朝もフトンから脱け出る前にスイッチ・オン。
そんな冷え込みの中、だからこそ、野々海池にむかった。到着はちょうど7時ころ。
 今週前半の陽気で停まっていた紅葉、野々海の湖面に映る黄葉が鮮やか。水番小屋のそばからの一枚。白い筋状のものは湖面を流れる霧。
 下は全体像。奥に見える霧の立ち昇りもクローズアップしてみる。

 

 

 


 定番的なアングルのものも一枚。あと1週間で相当にいところまで進みそう。

 

 

 

深坂峠から見る越後の山並みと雲海

 

 

 


 深坂峠から野々海池にむかう信越トレイルの道の出口にて東窓の紅葉をのぞく。
 ここでは、小川の水が溜まり、普通の靴では進めなくなっていたので、水に手を突っ込んで、水を止めている落枝や落ち葉を取り除いた。

 

 

 

 

 深坂峠〜東窓間のトレイル路で上を見上げる。
 足もとにはこんな地層。

 

 

 

 

 三叉路はこんな様子。

 三叉路で長野から「キノコ採りに来た」というお二人に出会った。見せていただいたキノコのあれこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 三叉路から少し下ったところにて。位置からすると、妙高山と火打山ではないかと思う…。

 

 

 

 野々海水路の円筒分水器と紅葉のはじまり。

 

 

 

 今秋、とても気に入っているのがミゾソバの草紅葉(くさもみじ)。上はそのクローズアップ。

 

 

 

 

 平滝に下るときに見た鳥甲山と雲海の図。

 

 雲の流れを3枚の写真でご覧あれ。ほんの10数秒間の動きです。

 

 

 


ややペースダウン、野々海の紅葉

 

 27日朝、5日ぶりで野々海の紅葉の進み具合を見に行ってきました。
 ここしばらく気温が高めの日が続いたせいか(とは言っても、夜はかなり気温が下がります)、紅葉の進み具合はペースダウンした感じです。今日の午後ないし夕からの雨の後、気温が下がるようですから、またペースを取り戻すかもしれませんが、野々海三叉路や東窓が10月第1週〜10日頃に見ごろ、野々海池は20日前後にいい感じになる可能性が高いのではないか、当初予想よりも見ごろ予想を遅めに修正します。
 1頁は東窓。つづいて、三叉路の様子です。

 

 

 低木と湿地の水草はいい感じになっていますが、背後の林の紅葉がやや遅れ気味です。

 

 

 東窓に入って間もなく、かなり上空でエンジン音。

 


 写真に飛行機の姿が点のように見えます。

 

 

 

 

 

 野々海池は今日はかなり風があって、さざ波がたっていました。

 

 

 野々海池の堤に至る道の周辺では草紅葉の赤とウメバチソウの白色のコントラスが素敵です。

 


◇ 道路注意情報
 野々海キャンプ場脇から野々海峠(→旧菖蒲村)に通じる林道。この間置かれていた「通行止め」の看板がなくなりましたが、途中、路肩の損傷箇所からあります。現場にはコーンが設置されていて、すぐに分かりますが、普通乗用車までは通行可能なものの、信越トレイルの送迎などに使用されるマイクロバスなどの通行は危険です。