プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

屋敷手前の国道405直下の地すべり・斜面崩落とその対策工事

 秋山の小赤沢・屋敷の国道405号線を通ると、下写真に見られるように「赤色灯回転時 地すべりの恐れあり」という看板が立っています。写真の地点は屋敷から村道を上がって来て、国道405号に出るところの左側です。

 


 小赤沢側から見ると、下の写真のところです。

 


 405号線のこの箇所、まず道路拡幅が行われましたが、その後、H29年10月の台風被害で路肩が崩れ、その後、復旧。しかし、昨年、写真右手の斜面で大きな崩落が起こり、写真のように1車線規制が行われています。写真右手の道路下に草色の斜面が見えますが、斜面の大規模な崩落の対策工事として、昨秋、アンカー設置が行われた箇所です。
 さて、斜面の大規模崩落の現場が下写真です(6月上旬撮影)。写真上方に白いガードレールがちょこっと見えます。上の写真で車線規制用に設置されているガードレールです。

 


 これで、国道405号線と斜面大規模崩落の位置関係が明瞭になったと思います。
現在、秋山小付近から中津川の中に工事用仮設道路が設けられ、この崩壊面を下(川との接点)から根固めしていく工事が進められています。


● 「秋山郷床固工群の整備」(湯沢砂防事務所)
 この工事を進めているのは国交省湯沢砂防事務所です。同事務所のHPを見ると、湯沢砂防事務所の「令和2年度主要実施事業」の1つに、上記の斜面対策工を含む「秋山郷床固工群の整備」が挙げられています。その説明文では、つぎのように記されています。
   「中津川流域は、苗場山、鳥甲山からの火山噴出物により

   形成された非常に脆弱な地質で構成されているため、絶え

   ず崩壊が繰り返され、河床には多量の土砂が下流へ流出し

   ています。」
   「渓岸浸食に伴った斜面崩落が発生しています。当該崩壊

   地の背後には国道405号があることから、……対策と講じ

   るとともに、斜面対策と併せ、床固工の整備を促進するこ

   とで、土砂災害から国道や周辺地域及び下流の沿川地域を

   保全します。」

 

 湯沢砂防事務所による種々の対策工事の実施の背景には、秋山の区長会等が湯沢砂防事務所、北陸地方整備局等に要望活動を繰り返し展開してきた事実があります。秋山地区以外ではあまり知られていないようですが、栄村にとってとても重要な問題です。今回、この記事を掲載するのも、そういう趣旨によるものです。

 

● 豊かな自然の保全との兼ね合いをどう保つか
 今後、屋敷〜小赤沢間の中津川に床固工という名称の堰堤が3〜4ヶ所築かれていくものと思われます。他方、このあたりの中津川の流れは、じつに澄んだ水で、釣りを楽しむ人も多くいます。

 

 


 私は土石流災害が生じた中条川で多くの床固工や谷止工を見てきましたが、自然環境に与える影響は大です。防災と豊かな自然環境の保全をどう両立させていくか。とても難しい問題です。でも、考えていく必要があると思います。


鳥甲山を見つめる

 

 赤(くら)の岩のごつごつした感じが私の目をとらえて離しません。1月12日昼前、上ノ原にて。

 

 

 鳥甲山の山頂を真正面に見る。鳥甲山を東側から眺めると、白瑤篝庠瑤前面に出て、鳥甲山の頂上は陰に隠れるようにしか見えません。上ノ原集落のあるポイントからのみ、こういう姿を真正面にとらえることができます。

 


 霧と雲に覆われて鳥甲山の姿がほとんど見えません。20日午後3時。写真手前にほとんど雪に埋もれてしまった眺望ベンチが一部だけ顔を出しています。

 

● 思い浮かぶ一文
 3枚目の写真。これまでの私なら、その日の鳥甲山の様子の記録として手許に残しておくことはあっても、紙面に紹介することはなかったでしょう。でも、数日前に読んだ串田孫一の文章が私の頭に深く刻み込まれています。

 

   「私たちは山が荒れるとか、時には山が怒ると言うが、烈風の音

    高く、山のすべてが恐るべき色と音とに包まれている時、山は

    むしろ沈着に、むしろ優れた深い美しさにその存在を主張する。

    荒れ廻っているのは風であり、乱れた雲であり、それにもてあ

    そばれている雨や雪である。その中で、山は独り冷たく沈みな

    がら、いよいよその重みのある姿によって存在を主張し続ける。

    それは時には、というよりも多くの場合、私たちの眼からは見

    えない。しかし、その風と雨との荒れ狂う中で、草木のさわぐ

    その中で、山は独り不動の姿勢をとっている。この、私たちが、

    意志や抵抗や、その他の言葉をもってしても表わすことの出来

    ない姿勢は、私たちの羨望からは遥かに遠く、またそこから学

    ぼうとする謙虚な心にも無関心に、しかも今私の目の前に輝い

    ている。」

 

 「岩上の想い」という文章の一節です(『若き日の山』ヤマケイ文庫より)。
 串田孫一は、かつて、和山・仁成館に頻繁に宿し、鳥甲山に登った著名な登山家にして、哲学者、エッセイスト。彼の山岳紀行文なしに鳥甲山が世の人びとに知られるようになることはなかったでしょう。
 美しく姿輝かせる時も、霧や雲に姿を隠す時も、鳥甲山をじっと見つめる。何かを想う。そんな行為の繰り返しの中に、《秋山の魅力とは何ぞや?》が解き明かされていくのではないか。そんなことを考えています。


秋山郷三山の山開きと初夏の観光客の訪れ

 6月1日、苗場山、鳥甲山、佐武流山の山開きが小赤沢・苗場神社で盛大に行われました。
 今年は山の残雪が多いのですが、この日、多くの登山愛好者が苗場山に登られました。私は山開き神事に参列していましたので、登山者の人たちを直接に目にしたわけではありませんが、神事の後、登山口に行くと、多くの県外ナンバー車が駐車していました。
秋山郷観光の柱の1つは山岳観光です。今季も多くの登山者が訪れることを願うものです。
 高い山にはまだまだ残雪があるとはいえ、10日ぶりに訪れた6月1日の秋山郷はすっかり初夏の様相に変わっていました。
 秋山林道にも少し行ってみましたが、多くの車、オートバイ、サイクリング車に出会いました。次の写真をご覧ください。恰好いいスポーツカーがミズノサワを走り抜ける姿です。

 


 べつに私はスポーツカー好きというわけではありません。このスポーツカーを操る人とちょっとしたやりとりがあったので印象に残っているのです。
 切明温泉から秋山林道に上がっていったところ、三叉路でこのスポーツカーの人が車から降りて、自分が持つ地図と案内看板とを交互に見つめられているのに出会いました。
  「何か、お困りですか?」
  「この道を行けば、志賀高原にぬけられるでしょうか?」
 私は、「たしか何日か前の村内放送で、奥志賀公園栄線は6月7日開通と言っていたな」と思い起こし、その旨をお話ししました。しかし、私は不安でした。未開通ならば「この先、志賀高原には通り抜けられません」という表示があるはずなのに、それがなかったからです。結局、たまたま志賀高原方向から走ってきた車があったので、合図して停まっていただき、「どこから走って来られましたか?」とお尋ねし、「志賀高原から走って来ましたよ」というお答えをいただき、スポーツカーの人にお伝えしました。
 後で聞いたところによれば、奥志賀公園栄線は5月24日に繰り上げ開通したとのこと。
 多くの人びとに秋山郷観光を楽しんでいただこうと思えば、「通り抜けできません」という時の告知板だけでなく、「奥志賀公園栄線開通。志賀高原方面はこちらをお進みください」というような案内板を出してほしいなあと思いました。ちょっとした気配りが大事なのだと思います。
 


コミズからミズノサワにかけての道割り除雪

 

 

 切明温泉の上から奥志賀公園栄線に通じる秋山林道の春の道割り除雪の様子です。朝から10cmは新たに積雪があった9日の昼前の撮影です。写真1枚目はロータリー車の前を進み、道をつけていくブルドーザー。現場は2枚目写真に見られるように大きな沢の上で、ちょっと間違うと沢に転落という超危険な箇所。ベテランのオペレーターが自身の長年の経験、体が覚えている道筋を頼りに進んで行きます。

 


 上は、ブルに続いて進むロータリー車。積雪の表面は新雪で柔らかいですが、下はカチカチ、非常に硬いそうです。

ここまでの3枚はコミズからミズノサワ方向に少し進んだ地点。私の用意が悪く、カメラのバッテリー切れでこの先の様子は撮影できず。ミズノサワまで進めば、もっと凄い様子を撮れたと思うのですが…。

 

 

 コミズの全景です。
 雪が降る時間帯もある曇天模様ということも手伝ってかもしれませんが、道割り直後のコミズの様子は私がこれまで知っていたコミズとは随分と異なるものでした。
 「多くの残雪が見られる雪渓」と言うよりも、「雪崩が沢を今にも下ってきそう」という感を強くするものでした。開いている道幅は軽自動車でもほとんど余裕がないもの。「一人ではとても行けないなあ」というのが実感です。


カマキリが斧を振り上げている?!

 

 「カマキリが……」というのは、一緒に車に乗っていた知人の表現。
 11日(金)、雪はほとんど降っていませんでしたが、秋山郷の国道405号線では、風で吹き飛ばされて路面に溜まった雪や、法面の積雪が崩れて道路上に落ちた雪を取り除くために、至るところでタイヤドーザーやスノーロータリーが活躍しています。
 この1枚を撮る少し前の写真をお見せし、状況を説明しましょう。

 

 

 栃川橋を渡り、流水路になっている坂道を上がり、カーブを曲がって進むと、前方にタイヤドーザーの姿が。
   「ああ、下がってくれるよ。この先にドーザーだったら突っ込んで、待避できるところがあるから。」
   「じゃあ、進みましょう。」

 

 

 排雪板を上方に上げながら、ドーザーがバックしていきます。
 1枚目の写真、下方を見ると、積雪が1mくらいあるところにドーザーが突っ込んで、道をあけてくれていることがわかります。
 405号線などでは、ごくありふれた場面ですが、豪雪地体験のない人が出くわしたら、ビックリするものですね。そもそも、目前にどでかいタイヤドーザーに姿を現した段階で、どう対処したらよいか分からず、困ってしまうでしょうね。


同じく、タイヤドーザーとの出会いではあるのですが、もうちょっと違う状況のものも紹介しましょう。

 

 

 秋山郷からの帰り道、逆巻温泉入口を過ぎたあたりだったと思いますが、「雪庇除去作業中」の看板があり、写真手前に見える作業員が赤色の指示棒を振って、停車が求められました。
 上の一枚は、停車して5分以上の時間が経過してからのものです。前方からショベルカーが姿を現しました。道路横の崖面の雪庇を落とす作業をしている重機です。この後ろには、路面に落とされた大量の雪を排雪するタイヤドーザーが進んでくるはずです。

 

 

 タイヤドーザーが雪を押してきました。
 何度か、前進・後退を繰り返し、道路上の雪を中津川に押し出します。

 

 

 道路上の排雪を終えたタイヤドーザーが排雪板をあげながら、バックしていきます。
 このしばらく後、私たちの車に進むようにとの指示が出ました。

 

 

 離合ができない、こんな狭い道を進みます。写真左側は中津川の深い谷です。

 

 

 道路右側の法面に注目すると、手前よりも奥の方は法面の雪が削り取られていることがわかります。写真手前の雪面が道路にせり出してきている部分と見比べてください。
 道路通行の確保には降積雪時の道路除雪だけでなく、雪庇の除去が不可欠なのです。

 

 

 スノーシェッド手前の少し道路幅が広いところで、タイヤドーザーが待機していて、私たちはその横を通り抜けて、進みました。


 今回は、平素あまり撮ることがない写真を撮ることができました。というのは、私自身は運転せず、人が運転する車の助手席に乗っていたからです。
 雪道の405号線の運転は厳しく、安全第一です。撮影は、今回のような条件がある場合に限られます。

 

(了)


夢灯にて思う

 9月22日、夢灯(ゆめほ)に行ってきました。

 


 今年で6回目の夢灯、私が訪れるのは4回目だと思います。その数2千を超えるロウソクの灯の配置が昨年とは異なり、今年、「いちばんいいなあ」と感じたのは天池と第二天池の間の白樺などの林の中の灯りでした(上写真)。撮影したのは完全に日没する前の午後6時くらいなので、いまひとつ雰囲気が出ていないのですが…。
 私はこの場所に1時間近く佇んでいました。
 今回、非常に嬉しく思ったのは第二天池の周囲をぐるっと巡り、林の中を抜けて天池に出られる散策路が拓かれていたことです(下写真。写真右手真ん中に第二天池が見えています)。

 


 散策路は草刈りされた後にウッドチップが敷き詰められ、歩きやすくされていました(ただし、ウッドチップの量が足らず、第二天池裏側と天池裏側を結ぶ辺りが草刈りのみにとどまり、その部分はちょっと歩きづらかったですが)。
 こういう整備作業を夢灯時だけに限らず、春〜秋の間に三度くらい実施できれば、観光客を多く招致できる素敵なスポットにできるなあと思いました。
 


栄村復興への歩みNo.344(9月1日付)

“とっちゃ”で眺める鳥甲山とソバのお花畑
 ――秋山郷の観光をデザインする――

 

 

 素敵な眺めなので、写真をぐっとワイドにしました(8月30日午前撮影)。
 撮影地点は秋山郷・上野原集落で、地元の人たちが“とっちゃ”と呼ぶ場所です。栃川と中津川の合流点付近で国道405号線の下に広がる一帯です。
 上野原のある人から、こんなことをお聞きしました。「私のスキーの後輩で、大手旅行会社に勤務する人がいるのですが、『こんな景色は日本各地を探しても他にはない』と言っておられます。その人はいまでも年に1〜2回、来てくれます」。
 ある会合で、「デザイン・サービス」という言葉を頻繁にお使いになる方と出会い、今回は「秋山郷の観光をデザインする」なんて、ちょっと小(こ)洒落(じゃれ)た表現を使ってみました。お客さまに秋山郷(栄村)をどのようにお見せするのか。たしかに、それは一つのデザイン(作業)ですね。

 

 

● 鳥甲山の素晴らしい眺めを見せる

 

 

 

 上の写真、1つは春5月の鳥甲山。2015年の撮影で上野原集落の中で撮っています。もう1つは秋10月。やはり上野原集落の中での2017年の撮影です。
 写真データの整理・管理があまり出来ていないので、「これぞ」というものをズバリ示すことができず残念ですが、春と秋の鳥甲山の素晴らしさの一端はお伝えできるかと思います。これにもう1枚加えたいのが、本紙での紹介は3回目になりますが、下の写真、冬1月のものですね。

 


 これは我ながら何度見ても素敵な風景だと思います。写っている男性はイギリスから冬の秋山郷を訪ねて来られた人です。撮影地点は「のよさの里」の前。

 

● 魅せられた者がガイドして、人びとを虜にさせてしまう
 私は “とっちゃ”、のよさの里、天池、上野原集落内の各所から見える鳥甲山(連峰)の豪快な、しかしまた美しい姿に魅せられてしまっています。冬の積雪の時期であろうと、また、朝陽に照らされる姿を眺めるために早朝であろうと、秋山郷・上野原へ車を走らせます。
 私が鳥甲山を眺めて感じる喜び、感動を一人でも多くの人たちに共有していただきたい。その熱い思いで旅をデザインし、みなさんにお知らせする。それが《観光》の極意ではないでしょうか。
 俳優の藤岡弘さんも鳥甲山のダイナミックな姿に感動しておられました。先日放送されたNHK「きょうの料理」での一場面です(8月23日Eテレ・24日総合・27日Eテレ)。
 ようやく何かが掴(つか)めかけている気がします。
 秋山郷の宿でお客さまに料理を提供する人たち、お泊りの世話をする人たち。みなさん、最高の旅をおもてなししたいという思いを抱いておられることでしょう。村民一人ひとりが力を発揮する栄村・秋山郷観光の再生へ、今秋から来年にかけて、そういう思いで頑張っていきたいと思います。


ソバの花と鳥甲山

 

 26日、予想外に天気がよく、秋山の知人に電話して尋ねると、鳥甲山も晴れてきつつあるとのこと。
 相澤さんが育てているソバが開花し始めていると聞いていたので、大急ぎで上野原にむかった。

 

 鳥甲山の頂上は雲に隠れているものの、白沢はバッチリ見えて、期待したものに近い美しき眺めを写真に収めることができた。
この一帯、地元では「とっちゃ」と呼ぶ地籍だそうだ。数人に漢字を尋ねたが、不明。栃川の近くなので、「栃谷」と書くのではないかなどど勝手に推測してみたが、さて、どうか。

 

 

 

 


栄村復興への歩みNo.342

 

涼を求めて秋山郷へ
 「そうだ! 秋山郷に行って、涼しやかなところを廻ってみよう!」。
 20日朝、家で少し仕事をした後、そんな思いで秋山に向かいました。この一枚は午後3時すぎに撮ったもの。足を滑らせれば滝に落ちてしまうという場所だったので、ちょっと冷や汗をかきましたが、滝への往復はブナ林の中(下写真)をゆっくりと。時には「おっ!冷たいな」と感じる風も受けながら。
 上写真は雑魚川の三段の滝です。

 


 三段の滝での涼しげな写真撮りには続きがあります。
 色んな角度で撮りたいと思っていろんな地点を動いていると、滝の中にチラッと人の姿が見えたのです。次の写真です。

 


 渓流釣りの人ですね。
 「どこから下りたんだろう?」と思い、「この沢から入っていったんだろう」という地点を見つけましたが、それにしても滝の中の急な流れの中を通り抜けないと写真の地点には辿り着けないように思います。
 夏のアウトドア―スポーツあるいはレジャーにはいろんなものがあるんですね。
 「大滝(おおだる)」入口に駐車されていた車のナンバーから想像するに県内の人のようですが。

 

● 「秋山、いいわね!」
 酷暑が続く中の15日夜、村内のお店の前で知り合いの人にお会いしました。
   「松尾さん、今日、秋山に行ってきたわよ!」
   「へえ、どなたと?」
   「〇〇さん!」(ご主人のお名前)
   「秋山は『暑い』と言っても、暑さが下(しも)とは違う

    わね。空気が爽やかで、気持ちよかった!」
 14〜16日の三連休の中日、15日は切明の川原の温泉につながる吊り橋の上を行き交うたくさんの人の姿が見られました。

 


 この日は、村内の知り合いの方もお子さん二人を連れて、切明で川遊びをされたようです。フェイスブックに「初めて自分の子どもと川遊びをしました。滞在してみなければわからない良さがあることに改めて気づかされました。栄村の持つ資源の素晴らしさを改めて実感しました」、「本当に楽しかったぁ〜また秋山に行こうと思います」と書いておられます。
 川原の温泉で汗を流してさっぱりもできるし、子どもは川遊びができるし…。最高です!
 また、20人くらいのグループ、早朝4時半発で佐武流山に登山されたそうです。

 さらに、こんなところで鳥の鳴き声を楽しみながら、しばらく佇むというのもいいですよ。

 


 上野原(天池)と苗場山三合目を結ぶ林道の途中です。下草刈りがしっかりやられているので、林の中の見通しもよく、「バッタリ、クマと遭遇」という心配もあまりありません。暑さとは無縁な世界。ウグイスの谷渡りの鳴き声など最高です。
この林からちょっと上野原方面に下ったところでは写真のような涼しやかな水の流れとも出会えます。

 


 楽しいスポット、コース、いくらでも見つけられます!


栄村復興への歩みNo.341(7月11日付)

 

 秋山林道、ミズノサワの残雪の雪洞の内部を撮ったものです。日時は7月9日正午前。
 雪洞の前に立つと、まるで天然クーラー。午後2時頃、秋山から下におりてくると、まるで蒸し風呂のような暑さでしたが、ミズノサワや秋山郷の林の中は涼しくて別世界でした。
 ミズノサワの残雪は平年よりも圧倒的に少なく、今年は7月中旬にも消えるかもしれません。下写真がミズノサワの全景で、奥に見えているのは鳥甲山のムジナ平登山口から白瑤瞭に向かう途中の尾根です。

 


 「ミズノサワに行ってきたよ」と私が言うと、「それ、何処?」と言われる村民も多いですね。この季節に雪が見られて、ひんやりした空気を満喫できるなんて、栄村が自慢できる最高のスポットの1つだと思います。秋は紅葉の絶景ポイントです。
 村民のみなさんも是非、お出かけください。