プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

撮影の種明かし

 今日、朝方は小雨。昼、用事で飯山市に出かけると、青空がのぞき、少し暖かくなったが、村に戻って夕刻になると、どんどん冷え込んできた。天気予報での解説を聴くと、北海道から青森の上空高くには雪雲が入ってきているとのこと。そういう季節になったのですね。

 小雨の中で朝早くに配達に出かけたが、その後はひたすら新聞記事などの整理。写真はほとんど撮っていない。
 そんな次第で、今日は昨日の下の写真の撮影ポイントの紹介です。

 

 

 

 

 これは、野々海峠に通じる林道から下ったところから撮った1枚ですが、この写真の右端(ないしは、さらにもう少し右)あたりが撮影ポイントです。
 対岸に見える林の中段あたりに道路があって、そこから池畔に下りました。当然、道はありません。かなり急な斜面です。撮影後に上る時に撮った1枚がつぎのものです。

 

 

 真ん中に道があるように見えますが、これ、じつは沢です。この季節には水はありません。池畔で少し横移動して、この沢の存在に気づき、上りはこの沢づいたいを進みました。

 下りも上りも、低木の幹につかまったり、笹の茎をつかんだりして、ズルズルと滑るのを食い止めます。笹はつぎの写真に見えるものですが、これが結構強くて頼りになります。

 

 

 撮影そのものは、

 

 

この写真に見える石を足場にして、行いました。池は遠浅ではなく、すぐに深くなっています。
 馬鹿げているように思われることと思いますが、「バカ者」でないと、素敵なものを発見できないというのも真理ではないかと思います。

 

 先ほどの小さな沢を上がって行くと、「もう少し」というところで大きな倒木が横たわっていて、それを迂回するのが厄介でした。でも、その倒木に綺麗なキノコを見ることができました。

 

 

 今回の撮影ポイント辺りから、野々海池の紅葉を楽しめる展望施設のようなものを工夫して提案していきたいと思っています。

 

(了)


1