プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

青倉公民館竣工祝賀式開催される


竣工を祝して乾杯!

 4月30日、青倉公民館で竣工祝賀式が約80名の人たちが参加して盛大に開催されました。
 特筆すべきは、村外から33名もの方がご参加くださったことです。
 主な方をご紹介しますと、京都(再建基金呼びかけ人)、神奈川県湯河原町、県辰野町(食器を寄贈して下さった方)、愛知県(青倉米購入者)、神奈川県海老名市(青倉出身者)、県飯綱町(同地公民館代表)などです。
 区長挨拶で島田与八さんが言われたとおり、「『壊れたので建てた』というのではない。全国の多くの方々のご支援で再建できた。これが復興ということだと思います」ということです。
 青倉公民館は全壊で栄村大震災の被災の象徴となり全国にその倒壊した姿が報道されましたが、これからは栄村復興の象徴となるでしょう。

 祝賀会には青倉のほぼ全戸から世帯代表1名ずつが参加されました。世帯代表ですので、ご高齢の方が多かったのですが、じつは会の席に着いていない人たちに一つの特徴が見られました。会の準備・運営を担当された人たちです。青倉のわけしょたちです。進行役、受付等はすべて彼らによって担われました。震災から約1年。これからの青倉を担う力が湧き出てきている感じがします。
 また、山菜天ぷら、塩むすび、味噌汁などをご用意くださったかあちゃんたちの活躍も特筆すべきものです。

 
村外からの方の姿が目立つ宴の様子

 青倉公民館は1階に畳敷き40畳の多目的広間、2階にフローリングで1階広間と同じ面積の多目的室、16.7畳の会議研修室があります。総工費は約4千万円。    
 非常時の避難施設として設計されています。
 また、都市の人たちとの交流を活発に進めていく拠点ともなります。
 まさに「栄村復興の象徴」となるものです。
 村内のみなさんも、是非、一度、ご見学ください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック