プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

新たに確認した地震被害の状況

 地震被害はすでに確認されているものだけではありません。
 この春になって、青倉・西山田への農道脇にたつ電柱が大きくずれていることに気づきました。


 2本の電柱が上の方で重なり合うようになっています。根元を確認すると2本ともずれていますが、とくに左側の電柱が大きくずれています。この場所に延長線上に青倉集落の被害が激しかった地域があります。地面が滑ったことは明白だと思います。下の写真もご覧ください。 


 また、「素敵な景色」で紹介した坪野の林道からは、切り捨て間伐された杉の木が地震や雪で道へ落ちている、今後落ちる危険がある様子を確認しました。3月12日、小滝と月岡の間を通行不能にしたのも、雪崩と同時に落ちてきた切り捨て間伐材であったことを想起しなければなりません。いまは切り捨て間伐は基本的にしないようになってきていますが、以前のものの後始末も真剣に考えなければならないと思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック