プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

中条橋の現在の様子

 地震で損傷し、1月の大雪で落下した中条橋。
 春から橋の架け替え工事が進められてきていますが、落下した橋の半分がようやく撤去されました。その写真レポートです。
 まず1枚目は、切断した橋を大型クレーン車で引き揚げ、撤去している様子です(7日撮影)。


クレーンの巨大さ、高さは下の写真をご覧ください。

 視線を下に落とすと、落下した橋のうち半分、青倉側がすでに撤去されて無くなっていることがわかります。次頁の写真ですが、写真右手に青倉側の橋の欄干部分(傾いている)だけが残っています。落下した橋がまだすべて残っていた7月17日の写真を比較してご覧ください。
 なお、これまでにも説明してきましたが、写真に見られる鉄骨の構造物は新しい橋ではなく、損壊・落下した橋を撤去する工事のための仮設構築物です。新しい橋をつくる工事は、落下した橋の撤去後にゼロから始まります。



」倉側の落下橋が撤去された後(8月8日)
               

7月17日撮影

この記事のトラックバックURL
トラックバック