プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

野々海池の現在の様子

 お隣の津南町からため池の水がほとんどなくなったという話が伝わってきて、野々海池はどうなっているかが気になり、4日朝、青倉から野々海に上がる道を通って行ってきました。撮影した現在の野々海池の様子をご紹介します。


 上写真は堤に向かう道から撮影した様子です。池の向こう側に、いつもは見えない土の部分がかなり見え、水量が大きく減っていることがわかります。
 さらに、堤の部分や水の取り入れ口を見ると、水量が激減している様子がさらにはっきりとわかります。3枚の写真をご覧ください。

 
堤の部分                 取り入れ口


野々海池の東側の部分

 取り入れ口の状況を見ると、水路に水を送るのが間もなく難しくなる状況だと思われます。また、池の東部分にはもうほとんど水がありません。
 私が野々海池に初めて見たのは6年前のことですが、こんなに水が減ったのを見たのは、昨秋に復旧工事のために水が抜かれた時を除いては、初めてのことです。今夏の渇水の厳しさがよくわかります。
 ここにきて、時間的には限られたものですが、かなりの雨が降ることもあり、また、落水期までもう間もないことから、今年の収穫に大きな影響を及ぼすことは回避できるのではないかと思いますが、厳しい状況であることはあきらかです。
 自然とむきあって暮らしていくことの難しさを痛感します。
 それにしても、今年のような渇水を直面するとき、冬期の大量の積雪の雪融け水を野々海池に貯めるという大事業を成し遂げられた先人たちの功績のすごさが改めて痛切に感じられ、その偉業に敬服するばかりです。

この記事のトラックバックURL
トラックバック