プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

仮設住宅の解体工事始まる

  11月26日の復興村営住宅入居開始で多くの人が引っ越ししていった横倉の仮設住宅で28日から早くも解体撤去工事が始まりました。まずはA棟、D棟、G棟の3棟です。
 私自身を含めてこの冬も残る4世帯にとっては寂しい思いがしますが、冬の除雪作業のこと等を考えると、やむをえないですね。
 残っている世帯では一昨日午後、H棟の雪囲いをしました。


 写真左側フェンスに囲まれている部分が解体中。すでにD棟が完全に姿を消しています(7日朝撮影)。


解体中の部屋内部


居住者がいるH棟の雪囲い

この記事のトラックバックURL
トラックバック