プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.187 (通算第221号) 2月6日

震災復興へ大きな転回点、飛躍点

 いま、最も積雪量の多い時期を迎え、残っている復旧工事の中で最大のものの1つ、中条橋の架け替え工事も2カ月間の休止期間に入っています。
 そういう状況はあるものの、今冬を前にして、道路、圃場、住宅の復旧工事の過半が完了し、「震災復旧の大半を完了できた」という安ど感のようなものが存在するのは事実だと思います。たしかに、2年前の3月12日の被害の凄まじさを想起すれば、「よくぞ、ここまで復旧できたものだ」という実感を多くの人が共有されていることと思います。


年末までの工事で橋梁の一部が出来ている中条橋

 だが同時に、それは栄村が「復旧から復興へ」、大きく展開=飛躍していく時期が待ったなしで訪れていることを意味します。
 「栄村震災復興計画」は、その冒頭「復興計画の策定にあたって」で「復旧にとどまらない再生・復興計画」をかかげ、つぎのように述べています。
「当村では、今まで過疎化、高齢化、耕作放棄の増加等に対応するため、各種の施策を講じてきましたが、なかなかこうした状況に歯止めがかかりませんでした。そこに長野県北部地震が発生し、多くの被害が生じたのです。これらの被害に対して、これまで「復旧」が行なわれてきました。
 しかし、壊れたものをもとに直す「復旧」だけでは、現在の村の状況を改善することはできません。震災を契機に、人口減少や耕作放棄等が一層進むことが危惧されているのです。そのためには、再生・復興を目指す総合的な「復興計画」が必要になっています。(「計画」26頁。下線部強調は引用者)
まさに、この“再生・復興”に本格的に着手していくべき時期がいまなのです。基本的方向性は「計画」26頁の[村の状況を示す模式図](写真参照)に示されているとおり、

「若者・子ども・高齢者の住みよい、安全な村づくり」


です。



この記事のトラックバックURL
トラックバック