プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

お米のふるさと便り 5-6号

「お米のふるさと便り」は、栄村ネットワークが以前から取り組んでいる青倉米の直売運動の月刊ニュースですが、復興にむかう栄村の様子を知る手がかりとなるとおもいますので、本ブログに掲載することにしました。
 
いまの青倉


上の写真は23日午前に撮影した青倉集落の様子です。手前の方ではすでに雪が消えて田んぼが全面的に姿を現わしています。写真奥手の方でまだ田んぼに雪が残るところも、もうそんなに多くの雪が残っているわけではないことが感じとっていただけるのではないでしょうか。

 村内の随所で苗代づくりが始まっています。そして、間もなく“すじ播き”(=種まき)です。青倉受託作業班は5月3日の予定です。すじ播きから田植えまで約1ヶ月。その間に、道路・水路普請の共同作業を行い、田起こし、代掻き、そして田植えへと進みます。

 青倉米購入者の方々に田植えを体験していただく日程は、参加申込があった人たちとの調整の結果、6月1日(土)の午後と8日(土)となりました。まだお申込みでない方も、是非、ご参加ください。

味噌づくり体験ワークショップ

 4月22日、「あんぼの家」で昔ながらの味噌づくりを体験するワークショップが開催され、村で働く若者などが参加しました。指導して下さったのは集落の斉藤勝美さん。その様子を写真でご紹介します。


 あんぼの家の前に、昔から使われてきた大豆を煮るドラム缶を置き、薪の火で煮ました。このようにして大豆を煮るのは、栄村でも、いまでは珍しい光景です。道具は笹原集落の関沢儀平さんからお借りしました。
 

煮上がった大豆(全体のほんの一部です)


煮上がった大豆をミンチ機に入れ、写真に見られるような状態にします。そして、これと、あらかじめ用意してあった米麹と混ぜ合わせます。なお、その際、あら塩を加え、よく混ぜ合わせます(下の写真)。
 
 
 よく混ぜ合わせたうえで、上右の写真のように「味噌玉」をつくり、これを味噌桶に強く叩きつけるようにして入れていきます。強く叩きつけるのは空気を抜くためです。

 
 上右は、味噌桶にすべて入れ終わった後、さらに上から強く押し、かつ、表面を平らにしているところです。この後、重石をのせ、密閉蓋をして、「あんぼの家」の「みそ蔵」室に収めました。

 
                         WS参加者のみなさん
 これから暖かくなる中でじっくりと熟成され、秋には美味しい味噌が出来上がります。


青倉米購入者拡大の嬉しいお便り

 2月末、青倉米購入者で神奈川県厚木市のFさんから、1通のメールをいただきました。
今日はうれしいお願いがあってメールしました。息子の学校のお友達のお母さんから、栄村のお米を申し込みたいのだが、どうしたらいいのだろうか?と聞かれました。
今から申し込むと、すぐいただけるのでしょうか?それとも、今年の秋からでしょうか?どのように案内したらいいでしょうか?
というものです。
 このご紹介をいただき、早速、3月からおとどけさせていただいています。

 栄村は地震被災からの復旧工事をほぼ終え、いよいよ復興の段階に入っていますが、復興の柱は、集落の復興と農業を中心とする産業づくりです。

 農業では、中山間地域であり、かつ豪雪の地である栄村はやはり稲作が軸です。その丹精込めてつくったお米を幾重もの流通市場を介して販売するのでは農家の手取りは大きく減少し、持続可能な米づくりとはなりません。

 作る人と食べる人が直接に結びつくことこそが、栄村の米作りの持続的な発展=栄村復興を実現し、ひいては日本の農業を守り、育てていきます。
 それには、みなさまの口コミが大きな力となります。

 日常の会話の中で、「お宅はどんなお米を食べておられるの? わが家はとても美味しいお米を食べているわよ」といったご紹介をしていただけすと、大きな力となります。是非、よろしくお願いします。
              
お米のふるさと便り5巻6号(通巻54号)
発行:NPO法人栄村ネットワーク
    〒389−2702 長野県下水内郡栄村大字北信3950-5
    ☎080-2029-0236 FAX0269-87-2131
    HP:http://www.sakaeura.net/   mail:メールフォーム
振込口座 ゆうちょ銀行 普通口座 11120−12957551
     口座名義 特定非営利活動法人栄村ネットワーク
     電子振込の場合は、トクヒ)サカエムラネットワーク と書き込んでください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック