プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村台風18号被害情報

  台風18号の影響で、16日、栄村でも大きな被害が発生しました。ここでは、私も住んでいる森集落中条地区と青倉集落北向地区に16日午後、避難指示が出た中条川の土石流について報告します(避難指示は17日午前8時解除)。
 土石流は午後2時台と午後5時過ぎの2回にわたって発生したようで、5時過ぎの土石流は栄村森林組合の事務所を直撃し、写真に見られるとおり、事務所1階が完全に破壊されています。





 つぎの写真は、森林組合事務所周辺の全景です(写真左下隅が森林組合事務所)。


 土砂は、中条地区の白山神社の下で、国道117号線と「トマトの国」を結ぶ村道に流れだし、1枚の田んぼは半分が土砂で埋まっています。


 白山神社近くから中条地区方向を見た様子。道路から土砂が消えている部分は朝からの除去作業で道がひらかれたもの。


土砂で埋まった田んぼ


 「トマトの国」横から、3・12地震での崩落地点方向を撮影したもの。今回の土石流が写真中央に見える減勢工を越えて流れてきたことがわかります。今回の土石流は、この写真の上方に見えるブルーシートの下のところが大きく崩れて発生したのではないかと思われます。
 貝立橋から見る中条川は両岸がえぐられ、様子がすっかり変わっています。


 青倉集落北向地区の人たちは青倉公民館、森集落中条地区の人たちは森公民館でそれぞれ一夜を過ごしました。幸い、午前8時に避難指示が解除され、それぞれ自宅に戻れましたが、16日の雨そのものはそんなに強いものではなく、こんな大被害が生じるとは思いませんでした。中条川の土石流対策の抜本的な見直しが必要になると思われます。
(松尾真記)

(写真はすべて17日午前8時半〜9時40分の間に撮影したものです) 

この記事のトラックバックURL
トラックバック