プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

銀座4丁目で栄村の新鮮なアスパラが食べられる





 2枚の写真に共通して写っている人は東京・銀座4丁目の料理店のご主人。
 昨6日、栄村に来られ、今朝4時起きでアスパラの朝採りにチャレンジされました。
 場所は滝沢総一郎さんのアスパラ畑。
 下写真のアスパラはこの方が自ら採られたもの。
 
 
  
 お店の名前は「和もと」さん。銀座4丁目(8番12号)のコチワビルの地下1階にあるそうです。
 先週3日午後到着のクール便で総一郎さんのアスパラをお送りし、3日から「焼きアスパラ」で出されています。大好評だそうです。
 
 「和もと」さんが栄村に初めて来られたのは4月25日。そのとき、栄村のアスパラの存在をご紹介し、5月の早い段階で「6月6日栄村訪問、7日早朝に朝採り体験」の日程が決まったのですが、待ちきれず「3日到着で20本送ってください」という連絡が入りました。
 
 今日は6キロお持ち帰りになりました。明日、明後日頃は最高の味が楽しめると思います。
 
 今日の朝採りのとき、総一郎さんから面白いものをご紹介いただきました。下の写真中央に見える白いものです。



 これは糸状菌というもの。いわゆる善玉菌ですね。
 総一郎さんは化学肥料をいっさい使わず、籾殻(写真の左上に見える)だけを畑に入れる炭素還元農法という栽培法をとっておられますが、その畑に入れた籾殻に糸状菌が付き、増えているのです。
 これがさらに増えれば、5月〜7月初のアスパラ収穫を終えた後、薹(とう)立ちさせたアスパラを消毒する必要がなくなるそうです。
 ここまでこだわりの農法で栽培されるアスパラ。農産物を扱う店の人も「他のものとひと味違うんですよね」と言っておられます。
 東京方面の方、是非、このアスパラを「和もと」さんでお試しください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック