プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

アスパラとズッキーニの初夏カレー



 朝採りのアスパラと、初物のズッキーニをトッピングした初夏カレーを作ってみました。
 彩りをよくするために焼きトマトもあしらいました。赤い色が加わってアスパラの緑も引き立ったと思います。
 最高に美味かったです。
 
 初夏カレーは9日の夕食。
 アスパラは9日朝の朝採り。



 滝沢総一郎さんの作業所でサイズ分け作業が一段落したときの様子(8:05)。
 前日の8日に気温が上昇したことから、この日の朝の収穫量はコンテナ10箱。
 カレーに使ったのは「2L」サイズ。カレーのトッピングにはこれくらいのサイズが合いますね。太い茎の部分で5〜60秒、穂先は40秒、熱湯で湯掻いただけで、調味料はいっさい不要。アスパラ自体の甘みと歯ごたえで勝負。


 
 今季初採りのズッキーニ。8日夕5時半頃、畑での収穫作業を見せていただき、その場でいただいてきました。泉平の武田充俊さんの畑のものです。


 
 美味しくいただくポイントは、「ちょっと厚すぎるかな」と思うほどの厚みに切ること。
 フライパンに少し油をひいて、ジュジュジューと焼く。そこでブラックペッパーをほんの軽く一振りする(なくてもいい)。充分に焼き目がついたところでひっくり返し、裏面にも焼き目がつく程度まで焼く。
 食べたときのサクッとした食感、そして、そのつぎにくるズッキーニの爽やかな味がいいですね。(ズッキーニの美味しい食べ方として、やはり厚めに切ったものを素揚げするのがありますが、カレーのトッピングには焼きの方が合うと思います)
 
 トマトは、栄村ではまだ花がつき始めたばかりで、収穫までにはまだまだ。これだけはお店で買い求めた。
 へたをとり、横に2つ切り。フライパンで焼く。ブラックペッパーをふる。ブラックペッパーが焼きトマトの味をひき立てます。
 
 焼きトマトは初挑戦でしたが、食後に口の中にさわやかな感じが残りますね。
 カレーはお好みの味で作ればいいと思いますが、具を小さ目に切っていれること、あまりドロッとしたものではなく、サラサラ感のある感じに仕上げるのが、夏野菜のトッピングに合うかなと思います。
 
 武田充俊さんのズッキーニ畑の様子を紹介します。



 見えるかぎり一面ズッキーニという畑に1500株が植えられています。このそばに、さらに2枚の大きな畑があり、これから新たな植えつけが行われます。





この記事のトラックバックURL
トラックバック