プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

中条川上流崩壊地点のいま

 30日朝、夜明けをまって中条川上流の崩壊地点に久しぶりに行ってきました。
 今年は雪消え後、1号崩壊地点の作業道の付け替え工事(3・12地震の後に土石流対策工事用につくられた作業道が道地盤の崩れで使用不能になったため)が行われていて、私は7月18日に状況を見に行っていますが、今回はそれ以来、約3ヶ月半ぶり。
 様子があまりにも変わっているのに驚きました。
 まず、全体像を紹介しましょう。



 これは、1号崩壊地の中を通り抜けて、2号崩壊地に向かう道の上(地震前の森集落の水道水の水源近く)から撮影したものです。
 上の写真に説明のための色つき線を入れたものが下の図です。



 緑色は、地震の後、土石流対策工事のための作業道としてつくられた道。赤色が現在、造成中の作業道。そして青色は、森集落の開田(かいでん)水路が今夏に壊れたため、いま、新しい仮設水路管を埋設しているところです(赤線の新作業道の造成で出た大きな石等が青線・緑線の部分に大量に落とされたことが、水路が壊れた原因と推定されている)。
 現在は、森水路工事が優先されていて、赤線で示した新作業道の造成工事は中断されています。2号崩壊地に向かう作業道につくられた森水路の升の写真を撮りました(下写真)ので、これで水路が埋設されている深度を知ることができると思います。




新作業道の様子
 新作業道建設は昨秋に着工されましたが、今春の雪消え後に再開。1号崩壊地の崩壊斜面を切って道をつくるという難工事です。
 

写真イ


写真ロ


写真ハ
 
 新作業道は写真イ、ロ、ハの順で建設が進んでいます。


写真ニ
 
 写真ニはイの先を右へ曲がり、ロの地点に進む地点で進行方向右手を見上げたもの。
                                
           
写真ホ
 
 写真ホはハの地点で右上を見上げたもの。
 

写真へ

 写真へは新作業道が造られている場所を旧作業道から見たもの。
 写真右上に見えるセメント吹付面の下が新作業道の通っているところです。
  
 新作業道は、旧作業道が崩壊斜面直下を抜けた地点で旧作業道に合流するようで、その地点のすぐ手前まですでに道が拓かれています。しかし、降雪が間近に迫る中、今季で完了できるのか、不安です。また、写真ニやホを見ると、斜面の吹付等の工事も必要となるでしょうから、完成は来年ということになるでしょう。
 この新作業道を必要としている工事、1号崩壊地の堆積土砂の中を流れる中条川の流路の変更、2号崩壊地手前での谷止工の建設等は確実に来年度に延期です。
 
 今年は幸いなことに大きな台風の栄村への接近はなく、中条地区の土石流被害に備えた避難行動はありませんでしたが、今回紹介した1号崩壊地の様子からして、不安定な状況がまだまだ続きます。
 また、森開田の水路の復旧工事はひとまず積雪前に完了するでしょうが、この記事の冒頭の写真に見られるように非常に不安定な状態にある1号崩壊地の中を通っているわけで、恒久的な水路の安定的確保が約束されたわけではありません。
 7月25日に開催された工事説明会でも県北信地方事務所林務課に要望しましたが、中条川上流を安定した状態にどのようにもっていくのか、より根本的な展望の提示が求められていると思います。

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック