プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

写真アルバム:退董と入寺

山門の外側から本堂を望む

 

 

 「栄村復興への歩み」No.292で林秀庵の「退董」の儀式をご紹介しましたが、多くの方々から大きな関心を寄せられました。
 そこで、林秀庵にて撮らせていただいた写真で儀式の流れを示す主要なものを選び出し、みなさまにご覧いただくのが望ましいと考え、アルバムを編みました。
 ご覧ください。
 なお、当日、本堂に掲示されていました式の次第と「林秀庵古代史」を撮影したものをアルバムの最後に提示しました。

 

本堂

 

 

退董する方丈さまが旅姿で本堂へ

 

本堂にて三拝

 

三拝を終えられ、草鞋をお履きになって、山門から退出されるまでの過程を9枚の写真で示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづいて、新たに方丈さまに就任される石塚彰雄師の入門の式の様子です。

 

山門のところで、「山門法語」というものを読まれました。

 

 

 

 

 


辞令を手渡されるのは常慶院斉藤一教方丈

 

 

 

檀家のみなさんの姿が見えます。「新命和尚挨拶」の場面です。

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック