プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

奥志賀公園栄線落石災害箇所に関する申し入れ文書の紹介

 7月28日に発生した奥志賀公園栄線での落石・土砂災害については、災害状況、そして、応急復旧工事の完了による8月10日午後4時の通行止め解除を本ブログでお知らせしましたが、9月10日、三たび現場を訪れ、現在の状況を確認してきました。
 この件は、9月8日の栄村議会での一般質問でも取り上げましたが、10日の現場状況確認をふまえ、今日14日朝、森川浩市村長に「今後の対策について」という申し入れ・提言を提出しました。
 その申し入れ文書と、それに添付した9月10日撮影の現場写真を、以下に掲載します。

 

栄村長 森川 浩市 様

 

  奥志賀公園栄線の落石・土砂災害発生箇所の今後の対策について

                                                             2016年9月14日
                                                           栄村議会議員 松尾 眞

 

 本件については、9月8日の議会一般質問において質問並びに提言を行なったところですが、9月10日に3度目の現場視察を行ない、また、9月10日及び8月11日に現場で撮影した写真を分析した結果をふまえ、以下のように、提言し、村における至急の対策措置を求めます。

               記

   1. 7月28日の災害発生以降、8月10日午後4時の通行止め解除に至る

    間に実施された応急復旧工事は、災害への迅速な対応措置として評

    価されます。しかし、あくまでも応急措置であり、今後の冬期積雪

    等を勘案すれば、より本格的な対策工事が必要であり、それが11月

    には予想される降雪・積雪前に実施されなければ、来春の道路開通時

    期が大幅に遅れる事態になりかねません。
   2. 応急復旧工事で設置された落石防止ネットはきわめて簡易なもので

    す。冬期の雪の重みに耐えられるとは思われません。応急設置されて

    いる落石防止ネットについては別添の写真をご覧ください。
   3. 現場は、応急復旧工事を担当した建設業者の話によれば、土壌はほと

    んどなく、岩肌で構成されているそうです。そのことは別添の現場写

    真からある程度確認できます。
     そういう現場において、今次災害で立木がほとんどすべて奪われた

    ことから、今後、冬期においては、従来はなかった雪崩が生じやすい

    環境に変わっているものと思料されます。したがって、現場の近くに

    見られる、恒常的に設置されている落石防止装置ではなく、雪崩防止

    柵の新規設置が必要だと思われます。
   4. ここに、かなりの積雪の重み、雪崩に耐えうる恒久的な雪崩防止柵を

    設置するには、岩盤の掘削等を伴う工事が必要になると思われ、紅葉

    期の観光客の通行を確保したうえで、紅葉終了後〜本格積雪期の到来

    の間の限られた期間に本格的工事の実施・完了はかなり難しいかと思

    われます。
   5. そこで、来春、道路除雪をスムーズに実施し、早期開通を可能にする

    ため、積雪前に実施すべき措置として、つぎのことを県に要望し、実

    現することが不可欠だと考えます。
     イ) 落石によって立木がすべてなくなり、岩・石の急斜面になって

      いる災害現場にいま、かなりの量で存在している倒木類を積雪前

      にすべて撤去すること。これは絶対的な事項だと考えます。
     ロ) 雪の動きで道路面に出てくると考えられる斜面上の中小の石を

      やはり積雪前に撤去すること。ただし、この点については、撤去

      することの是非について、専門家の判断が必要ではないかと考え

      ます。
     ハ) 冬期間における新たな大きな落石の発生を防止するため、応急

      復旧時に取り除かれた3つの巨大な石(岩)の上に存在する、い

      ま1つの巨大な石(現場全体状況を示す写真の頂上部に現認でき

      る)を冬期前に除去する必要がないかどうか、専門的な検討が必

      要ではないかと思われます。

 

 以上、提言しますので、村長の責任と指揮の下、必要な措置を早急にとられるよう、要望いたします。

 

                                                               以上

 

 

奥志賀公園栄線の落石・土砂災害現場の現況について

9月10日の状況

 

写真910の1 全体状況

 


写真910の2 応急落石防止ネットの上段の様子

 


写真910の3 応急落石防止ネットの上段の様子

 

写真910の4 応急落石防止ネットの下段の様子

 

写真910の5 落石防止ネット下段、むかって左の端の様子

 

写真910の6 落石防止ネット下段、むかって右の端の様子

 


写真910の7 道路脇に設置の大型土嚢

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック