プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

宿泊の生徒たちから「トマトの国」へ感謝の寄せ書き――カギは村の新鮮な夏野菜!

 

 これは、8月26日から28日にかけて「トマトの国」に宿泊した東京の渋谷教育学園中学高等学校の生徒たちの感謝の寄せ書きです。
 いろんなお客さまが宿泊されますが、こういう寄せ書きは珍しいと思います。
 何をそんなに喜んでくれたのでしょうか?
 読んでみると、「ごはんがおいしかった!」という声がほとんどです。とくにカレーが大好評だったようです(下写真参照)。

なぜ、こんなに喜ばれたのか?

 


 支配人の広瀬春美さんにお尋ねすると、「野菜がいっぱいだったから」だそうです。
 ズッキーニやトマトなどを焼いたものを入れたそうです。カレー以外のメニューもとにかく野菜が大好評。生徒たちがボランティアなどに出かけた先でいただいて持ち帰った野菜もすべて食事に出し、みなさん、モリモリ食べたそうです。
 東京で平素食べる野菜は市場を経由し、畑で採られてから何日も経ったもの。栄村の新鮮な夏野菜が最高のごちそうだったのです。
 この話の中に、栄村の観光への大きなヒントがあります。〈夏は村の野菜で勝負!〉なのです。来夏は道の駅で昼食時に「栄村の夏野菜がいっぱい!カレー」を売り出せば、間違いなく人気商品になるでしょう。
 栄村を訪れた人たちの感想から学ぶことが栄村観光発展のカギだと思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック