プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

冬と秋を交互に見つめて…〜2016年11月2日〜

 

 この1枚は午前10時32分撮影。
 「トマトの国」へ上がる最後の大きなカーブから見える景色が今日も私を驚かせた。
 急ぎの原稿をかかえ、朝6時に起床してからずっとPCにむかっていた。10時すぎに一段落し、ある工事現場に向かおうとして、この景色に出会った。
 たしかに寒い朝だったし、昨夜の天気予報は「高い山では降雪」と言っていたが、まさかこんな様子になっているとは夢にも思っていなかった。
 予定を変え、スキー場から野々海にむかった。
 進行方向には青空が広がる秋の景色、しかし、横を見たり、振り返ったりすると冬の景色が広がる。そういうことの繰り返しだった。
 ただひたすら写真を並べてみたい。上のものも含めて15枚。時間のみを記す。

 

 

10:33

 

10:41

 

10:49

 

10:51

 

10:55

 

10:59

 

 

11:09

 

11:24

 

11:32。野々海にも雪が降ったのだ!

 

11:33

 

11:38

 

11:41

 

11:56。帰り道、一瞬、北アルプスが望めた。標高950m位の地点にて。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック