プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

インバウンド、除雪、落雪・・・〜18日の秋山行〜

 

 今日18日の昼すぎ、「のよさの里」の前で雪の上にどっかりと腰を下ろし、鳥甲山を見つめる男性。

 


 “excuse me”と声をかけ、ご本人の許可を得て撮影しました。
 Walk Japanという会社(本社・大分県)が長野県北信地域で冬期に実施しているスノーシューのツアーに参加しているイギリスの人です。
 「のよさの里」に宿泊し、今日の午前中、天池から上をスノーシューで楽しんでこられたそうです。
 このツアーが「のよさの里」に来るようになって、今年で3年目。今年は今回を含めて3回、実施されるそうです。
 ツアーガイドは長野市在住の外国人ですが、非常に流暢な日本語を話される人でした。

 

 

 秋山の雪が凄まじい。
 平年は「下(しも)」の方が秋山よりも積雪量が多いが、今冬は秋山の方が多い。「下」では雨の日でも秋山は雪ということがしばしば。そして、14〜17日のドカ雪。高齢者一人暮らしで、家から出られなくなったケースもあったようだ。

 


 上の写真は屋敷集落にて。雪害救助員が除雪。このお家で一人暮らしの高齢のおとうさんも一緒に作業されていた。

 

 

 

 

 

 同じく屋敷集落にて。
 知り合いの雪害救助員がおられて、「今日、何軒目?」と尋ねると、「3軒目」というご返事。
 救助員、大変です!

 

 

 

 

 上の原集落の集落内道路を下ってきた時、青倉集落在の知人がスノーダンプで除雪しているのに出会った。
 「(プロパンガスの)検針? 顧客サービス?」、「そう。だって可哀相じゃん」。

 じつは、この場所で、2時間弱前に下のような写真を撮っていた。この屋根の雪が落下し、家の出入り口を塞いでいたのだ。

 


 こういう時は援けなければ。である。

 

 

 

 役場秋山支所がある「とねんぼ」の屋根から大量の雪が落下する瞬間。午前10時49分。
 「屋根から大量の雪が落ちるところを撮ってみたい」とずっと思っていたが、こんな写真が撮れるとは思ってもいなかった。
 地域おこし協力隊の坪内さんがブルドーザーでの除雪作業を実地にやる研修をされている様子を撮影している時に、屋根の雪が軋む音がした。
 以下、連続写真でご覧いただきたい。計18枚撮ったが、その中から選抜してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 落雪には充分に警戒しなければならない。

 

 

 最後に、昨年、秋山・小赤沢に移住された人の雪下ろしの様子を1枚。

 


 平素の玄関が雪に埋まっていて、「どうしようか」と思っていた時、屋根で雪下ろしをされているのが目に入った。「どこが入口になっていますか?」と声をかけた。
 「疲れるでしょう?」、「はい、疲れます。それに怖いです」。

 頑張ってください!

 

 今日は久々の快晴。
 もう一日、晴れてくれると有り難いのだが、そうもいかないようだ。

 

(了)


この記事のトラックバックURL
トラックバック