プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

国道周辺に出没するイノシシが仕留められた

 昨18日、知人から村内のA集落にイノシシが出没していて、17日にはスノーダンプで雪をかまっていた女性にむかって突進してきたと聞いた。
 FBでのやりとりで、「見かけたら跳ねてください」と言われ、経験したことはないが、やるざるをえないかと思っていた。
 今日19日の午後3時頃、そのA集落での配達にむかって国道を走っていたら、手前のB集落で国道から集落内道路に入ったところでイノシシが暴れているのを目撃。通行量がある国道なので停車できず、通り過ぎ、路側に停車できるところで停まって、知人に電話。二度通じなかったが、間もなく、先方から電話。目撃地点を伝えると、「追っている最中。すぐにその現場に行く」という返答。私も引き返して、目撃地点へ。
 間もなく目撃地点という所で、知人から再び電話。「仕留めました」と。
 仕留めた現場を聞き、すぐに駆けつけた。
 「60圓らいかな」とのこと。
 現場に入っていく地点のおかあさんに知人が話に行き、そのおかあさんの家から血の跡が見えるので、雪を削って血痕の消すことになった。こんな除雪作業は初体験。

 その後、知人宅での解体の様子も見た。
 内臓を取り出したうえで、明朝まで逆さまに吊るし、血抜きをする。
 吊るす作業をやっている最中に知人のお子さんが学校から帰ってきたが、その作業を見ても平気。小さな時からお父さんが作業を見ているので、大丈夫だそうだ。

 仕留められた姿を見て気持ちよいものではないが、住宅前で除雪している人が襲われそうになっているのだから、しかたないと思う。
 豪雪地の栄村にイノシシが生息していること自体が異常なのだが、そのイノシシが山の中などにとどまっているのならともかく、住宅のあるところに頻繁に出没する事態は危機的。
 有害獣の駆除は村にとって緊急かつ超重要課題です。
 以下、写真をご覧になりたくない方はここで終わりにしてください。少しスペースを空けたうえで、写真3枚を掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラで運ぶために国道まで曳いていくところ。使用銃は散弾銃で、一発で仕留められました。

 

青色でマークしたところが弾の貫通点。アバラが折れている。

 

以上

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック