プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

“かんじき”を履いて・・・

 

 上の写真は秋山郷・上の原集落のいわゆる「天池」付近での撮影ですが、写真右側下から直線状に、雪の色がより白く輝く感じで見える足跡状のものがあること、ご確認いただけるでしょうか。
 これは16日昼、私が“かんじき”を履いて歩いた跡です。
 写真に見える白樺などの樹々の向こう側が、「天池」として紹介されるところです。

 

 この足跡のあるところ、昨冬は雪が少なかったので長靴で歩きましたが、今冬はかなりの積雪になっているため、“かんじき”を用意して行きました。
 16日は朝から気温が上がり、昼頃には雪がかなり柔らかくなっていて、“かんじき”を履いていても、足が雪の中にかなり沈み、歩きづらかったのですが、苦労して歩いた甲斐があって、いい景色を見ることができました。

 

 撮影時間順に写真を紹介します。

 

 

 上の原集落のいちばん奥の家を過ぎて、道路除雪の最終地点から集落側を撮影。12:09。

 

 

 “かんじき”を履いて歩き始めた地点で進む方向を撮影したもの。12:11。

 

 

 「天池」として定番的に紹介されるスポットでの撮影(12:15)。
 手前真ん中、雪の中にちょこっと頭を出しているものが見えますが、「天池」の一つの“名物”、枯木の根に近い部分だけが残ったものの先端部。一昨年10月18日撮影の紅葉期の写真と対照してください。

 

 

 

 撮影した場所は同じですが、少しアングルを変えました。こちらの方が素敵かもしれないですね。

 

 

 いわゆる「天池」を通り過ぎた地点で、来たりし道を振り返って撮った1枚。12時18分。「来たりし道」の足跡よりも、雪を抱く木の姿が気に入っています。

 

 

 これから進む先を撮影。
 「天池」の撮影地点までは人の足跡がありましたが、その先には無し。杉の木から落ちた雪がつくった模様のみ。
 でも、この先は山の動物たちの天下。間もなく、いろんな足跡が見えるようになります。
 こんな感じです。

 

12:20撮影。

 


 本来の天池の近くまで下りて、鳥甲山連峰のほぼ全景を一枚に撮る。
 12時23分の撮影。雪がない時期であれば、道路から草の生えた法面を下らなければならないのですが、今日は深い雪の上をかんじき履いてスイスイと下りました。
 この時、鳥甲山のすぐ上に飛行機が!

 

 

 “法面”を下ってきた跡を振り返って撮影。

 

 

 白樺林の先に見えているのは苗場山ですね。
 空に見える飛行機は、鳥甲山に上に見えてものとは別物です。このあたりの上空は北海道行きの航路。

 


 天池から赤(あかくら)の頭(かしら)をズームアップしました。
 左上に見える頂が「赤瑤瞭」。
 この写真を撮ったのは、雪が落ちた幾筋もの跡が目に入ったからです。「雪の皺(しわ)」と呼ぶのがいいかなと思うのですが。
地元の人に聞くと、「今年はまだ聞こえない」とのことですが、間もなく、山全体、集落中に響き渡る「ドーン」という音をたてて、雪崩がくりかえし起こります。私などは、「えっ? 何処?」とキョロキョロ山を見渡しながらも、雪崩がどこで起こったのか、見えないのですが、地元の人は「あっ、あそこだよ」と指さします。
3月上旬になれば鳴り響くでしょう。今年は何処で雪崩れているか、わかるようになりたいと思っています。


 出発地点まで戻ったのは12時35分。
 わずか26分間の「旅」ということになりますが、戻ったときは汗びしょり。「のよさの里」にお邪魔し、昼食を兼ねて一休みしました。

 

 (了)

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック