プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

2月19日の配達路を辿る:その2の続編〜切欠から北野まで〜

 

 当初はこんなに長いものになると思っていなかったが、「2月19日の配達路を辿る」を3夜連続で編集することになりました。
 冒頭写真は長瀬集落から笹原集落に向かう途中のカーブ。いくつもの雪崩防止柵で県道が守られています。初めて通った時は驚きましたが、今ではすっかり慣れました。江戸時代の人たちはここに水路を通したというから驚きです。


 昨日の最後に紹介した切欠橋を渡ってすぐのところにゴミ収集ステーションがあり、そこを右折して切欠集落に入ります。
集落に入ってすぐ、右に少し入ったところに1軒のお家があります。進入路には少し雪がありましたが、車で入り、ポストに「復興への歩み」を入れた後に撮った写真がつぎのもの。

 


 写真奥のやや右寄りに山が見えますが、昔、ここにお城があったそうです。主は斉藤氏といい、切欠の住人はその家来ですべて斉藤姓だと、地元の人から聞いたことがあります。
 残念なことに6年前の震災で、お城の名残りをとどめるものがすべて焼失したとも聞いています。
 私が一昨年秋から昨年夏にかけて、四季折々の切欠集落の姿を撮影した(今年正月に編集したアルバム「栄村の四季を楽しむ」に収録)のは、その山の下を通る県道長瀬横倉(停)線からです。その地点がこの写真に写っています。

 

  


 左写真:公民館の横手で進行方向を撮影(右手前の建物が昨年新築された切欠公民館)。右写真:坂道になり、さらにカーブになる。道路に雪がある時は、この先が難所。

 

 

 道路右側手前に雪の切れ間がありますが、坂の途中のお家の入口。ここで配達のためにいったん停車すると、積雪時はスリップして上がれなくなります。
 ちなみに、そのお家の人は後に紹介する、上から集落に入る道を通ってこの坂を下ってきて、自宅前の駐車スペースに車を入れられるようです。

 

 坂を上がりきる前に右側にもう1軒。そのお家には下写真の雪道を歩いて進みます。写真左手に屋根が見えるお家です。

 

 

 上写真は、そのお家の玄関横から、切欠集落のいちばん上にあるお家の眺めたもの。
手前に“たね”が見えます。前回、この家の主にお会いした時は、「あっちの“たね”は雪に埋まっています」と話しておられたが、今日は水が見えています。また、切欠集落1枚目に見えた山も写っています。

 

 

 いちばん上のお家に向かう階段。
 きちんと雪かまいがされ、歩きやすくされています。
 上るのはきついと言えばきついですが、天気のいい日はこの階段の上からの眺めが最高! それが次の写真です。

 

 

 切欠集落に別れを告げる前に、いちばん高いところのお家の玄関前の写真をもう1枚。

 

 

 雪とのつきあいがとても大変だろうなと、いつも思っています。

 このお家の下にこの道があり、県道に出られます。

 

 

 県道に出てからの様子が次の2枚。そして、昨日の冒頭写真、「カタクリ街道」に進みます。

 

 

 

 

 

 長瀬集落。
 写真左側に薄緑色の建物が見えますが、旧農協事務所、現長瀬公民館です。

 

 

 いくつかある長瀬集落内道路の1つ。
 突き当りに雪の山が見えますが、車は手前を左へ。長瀬の郵便局の横に出ます。
 この日の長瀬での立ち寄り先は2軒のみ。

 

 

 県道沿いの南端のお家を越えたあたり。
 雪が降っているように見えますが、風で木の枝の雪が飛んできたもの。

 

 

 長瀬集落に別れを告げ、カーブしながらスノーシェッドに入っていきます。

 

 

 スノーシェッドを抜けたところ。冬季間はここに除雪車が置かれています。
 先に見えるカーブを曲がった先が本編の冒頭写真の地点です。

 

  

 

 左写真は雪崩防止柵のある箇所の先の直線コース。逆に進む時は、この直線路でスピードを出し過ぎると、雪崩防止柵下のカーブでブレーキを踏むことになり、積雪時はスリップ−回転の危険が生じます。右写真は笹原集落の手前。1月10日にイノシシに出くわしたところです。

 

 

 この日は笹原集落は通過の予定でしたが、進行方向右手にこの光景が目に入って、ピーンときました。18日にフェイスブックに投稿されていた「あなぐら掘り」の場所なのでした。
 雪穴の中のお二人を撮影させていただきました。

 

 

 笹原集落を過ぎて、右手に当部(とうべ)集落を見やりながら進む道はなかなかのドライブコースです。

 

 

 左手は北野川。
 停まって川を眺めると、絶壁がとてもきれいです。

 

 

 右手に当部集落。

 

 

 急坂を下り、次は坂を上がりながらカーブすると北野橋。

 

 

 北野橋の上からの眺め。

 

 

 北野橋を渡り切り、北野集落に向かう。とくに紅葉期が素晴らしい。

 

 

 北野集落県道沿い。

 

 

 県道から左に入った集落内道路。
 このあたりは冬は雪がやっかい。

 

 

 県道に戻ると、左手に赤い鳥居。
 北野天満宮の鳥居ですが、天満宮はこの鳥居の先にあるわけではありません。
 では、なぜ、ここに鳥居が?
 昔はこの鳥居の先の山・美座山の上に天満宮があったそうです。

 

 

 前方に杉並木。
 この杉並木の途中、左手に天満宮があります。


 最後に、北野天満宮を紹介します。

 

 

 写真中央に見えるのは社殿。その左に見える(鳥居から見ると、社殿の奥になる)のが本殿です。

 

 

 以上で、切欠〜北野間の紹介が終わりました。
 一昨日に極野集落を紹介していますので、これで2月19日午前の東部地区配達路を辿るアルバムは完結です。

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック