プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

素晴らしい景色のプレゼントをもらった!!

 

 今日(29日)は久々に青空が広がる好天。
 午後、平滝集落での配達を終えた後、平滝から野々海池に上る道路の道割り(冬の間、閉鎖されていた道路の除雪)が行われていると聞き、現場を見学させてもらいに行きました。
 現場は標高700mくらいのところ。ちょうど3時の休憩時間の時で、知り合いの作業担当者の人が「最高の景色ですよ」と。
雪の上に上って振り返ってみると、すごい絶景!
 今日はちょうど私の67歳の誕生日でしたが、最高のプレゼントをもらったと思いました。実際に肉眼で見たものは写真以上でした。

 

 

 これは現場で足もとの雪の様子を撮影したものです。
 2台のブルドーザーである程度、雪が砕かれ、排雪された箇所ですが、人の背丈をはるかに超える積雪がまだあります。そして、その特徴は物凄く硬いということです。写真からその雰囲気がある程度感じとれるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。私は今日、雪のある場所を歩くことを予定していなかったので、雪長靴ではなく普通の靴だったのですが、ズボッと雪に足が入ることはまったくありませんでした。カチンカチンです。

 

 

 写真はこれから本格的に除雪が行われるところを撮影したものです。
 おそらく3mくらいの積雪なのだと思われます。今冬、里では雪ではなく雨が降ることが結構あり、積雪はザラメ状になっているところが多いのですが、山の上は別世界。里は雨の時でも、山の上はおそらく雪だったのでしょう。

 

 ロータリー車が雪を勢いよく飛ばす光景を久々に見ました。

 

 

 

 ここまで雪の世界を見てきましたが、好天の今日、里では雪消えが久々にドンドン進み、春の花を見ることができました。3枚ご覧ください。

 

福寿草

 

オオイヌノフグリ

 

フキノトウ
もうミツバチが飛んできています。春ですねえ!

 

(了)


この記事のトラックバックURL
トラックバック