プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

賑わう道の駅、森宮野原駅では「おいこっと」お出迎え

 最長の場合は4月29日(土)から5月7日(日)までの9連休という今年のGW、栄村も賑わいましたね。帰省してくる人も多く、村の人口が2倍くらいに増えた感じでした。
 観光の面では、「道の駅」がとても賑わいましたね。
 駐車場は車が溢れ、栄中への「学びの坂」にも観光客の車が並びました。下写真は「みそ汁のお店」。私も何度か足を運び、山菜の天ぷら(1皿300円)などをいただきました。大人気です。
 直売所「かたくり」ではたとえば3日は売上げが30万円超え。「30万円くらいではもう驚かなくなった」と関係者が言うほど、大盛況。売るモノがもっともっと必要です。

 

お客が相次ぐ「みそ汁」のお店(4日)

 

●交通整理員の配置を
 道の駅で考えなければならないことが1つあります。交通整理員の配置が必要だということです。

 


 上の写真は5日昼前の撮影ですが、駐車スペースがすでに埋まっている中でさらに多くの車が入って来ています。駐車場内で事故が起こっても不思議ではない状況です。また、国道117との出入りも非常に危険な状況が繰り返し生じていました。
 GWのような混雑時には数名の整理員を配置することが不可欠です。事故が起こってから騒いでも手遅れです。「道の駅」の関係団体で協議して対策することを提案します。

 

●森の駅の賑わい創出も可能
 一方、森宮野原駅ですが、駅前に「道の駅」のような車の波、人の波は残念ながら見られませんでした。
 しかし、希望がないというわけではありません。
 下写真は5日(子どもの日)の午前11時すぎの森宮野原駅ホーム上での撮影。「おいこっと」下り列車(11:02着、11:12発)は満席で、ホームに記念撮影する人などが溢れました。

 


 私は30日、3日〜6日の計5日、「栄村のご紹介」という手作りパンフレットを持ってお出迎えをしました。5日は自腹をきってトマトジュース60本を用意して振る舞い、栄村の魅力をアピールしました(観光協会職員の藤木文徳さんにお手伝いいただきました)。観光協会も3日から、ホームから見えるところに歓迎横断幕を掲げました。
 ささやかな努力ですが、これを停車時間の延長→森駅前での物販や、SLの定期運行につなげていきたいと思っています。土日の午前11時、15分間程度の活動ですが、一人でも二人でも、そして1回だけでも結構ですから、“お出迎え”にご参加ください。

 

●観光発展の鍵は200円、300円の稼ぎの積み重ね
 栄村で「観光に力を入れる」、「観光で産業づくり」ということが言われるようになってもうかなりの歳月が経(た)ちますね。そして、「観光、観光と言い、おカネもたくさん投入しているのにいっこうに効果が出ていない」と思われている方も多いと思います。たしかにそうですね。「3億円」事業がその額にふさわしい効果を出したとはとても言えません。また、振興公社に今年の1〜3月で計5千万円の出捐金を投入しましたが、その効果のほども見えてこないという感がありますね。
 では、観光はダメなのでしょうか?
 いえ、私はそうは思いません。
 たとえば、前頁で写真紹介した「みそ汁」のちっちゃなお店。キノコ汁やタケノコ汁一杯200円。山菜天ぷらは一皿300円。けっして大きな商売、稼ぎではありません。でも、このお店は有名で、ドライブ計画に「栄村の道の駅のみそ汁で朝食」と決めていて、朝9時の開店と同時に訪れるお客さんが多くおられます。お店は人手が足らなくなり、かあちゃんのアルバイトを募っている状況です。
 直売所「かたくり」にしても、1日の売上げが30万円を超える場合でも、一品一品は200円、300円のものがほとんどです。それでいて、「わたしゃ、直売所から10万円の入金があったよ」と言うばあちゃんがおられます。
 さらに、秋山郷・切明温泉の雄川閣では、近くの集落のおとうさんにお願いしていい山菜をご提供いただき、山菜料理がお客さんの好評を得ています。
 私は、こういうことの積み重ねが観光であり、村の人たちの暮らしを潤していくのだと思います。
 行政が「着地型観光商品開発補助金」などとして補助金を出すことが必要な場合もありますが、率直に言えば、そういうものがあまり大きな効果をあげているという感じはありません。行政(商工観光課)は、ここまでに紹介した村の人たちの取り組み状況に学び、それを後押しすることにもっと努力を傾注(けいちゅう)すべきだと思います。たとえば、村のホームページで、私がここに書いているようなことを紹介するというような取り組みです。「村のホームページは公(おおやけ)のものだから、特定の店を紹介できない」なんてことばかり言っていると、栄村(の観光)の元気は湧いてこないと思います。
 みなさん、それぞれの創意工夫を発揮して、頑張っていきましょう!


この記事のトラックバックURL
トラックバック