プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

道は開けられた。が、残雪はまだまだ多い

野々海池の水番小屋

 

野々海池堤の様子

 

 

 17日(水)午後、平滝に配達に行った折りに、少し様子を見ておこうと思い、野々海への道を上がったところ、道が開けられていました。
 野々海池の堤入口まで開けられており、また、キャンプ場のところまで開いています。
 私が行った際には除雪担当者の姿は見えませんでしたが、帰路、第2分水点の様子を見ている時に軽トラが1台上がり、その後、タンクローリーと出会いましたので、キャンプ場〜深坂峠の間の道割りが行われていると思います。
 道が開けられていたこと、野々海池周辺も一斉に芽吹いていることが9日との大きな違いですが、残雪はまだまだ多いです。普請まであと半月ありますので、普請までにはほとんど消えると思いますが。

 


 普請関係者が気になる地点の様子を紹介します。

 まず、森・青倉への水路と横倉・平滝への水路が分かれる第2分水点です。

 

道路脇の雪の壁の上から撮影。

 

雪の壁から斜面を下り、分水点付近を撮影したもの。

 

付近のブナの木の根元の様子

 

 

円筒分水器の上の道路の様子

 

円筒分水器付近の様子

 

写真中央やや下あたりが円筒分水器のあるところでしょう。

 

 

青倉からの道と交わる三叉路の様子。
青倉からの道はブルが入った形跡がありました。

 

堤入り口の様子

 

上の写真の地点から歩いて少し進んだところで視界に入った景色。

 

 

 ひとまず、以上です。

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック