プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

「トマトの国」の新しい料理と愛湯会のご紹介

 

 これは、5月15日に開催された「トマトの国」愛湯会で出された5皿のお料理のうちの一皿(8人分)を撮影したものです。
 真ん中に緑の葉がついた枝ものが飾り付けとして置かれています。おわかりの方もおられるかと思いますが、アケビです。「トマトの国」のごく近くで板前さんが採ってこられました。
 この日の愛湯会は16名の参加。「トマトの国」に新しい板前さんが着任されたことをうけて、顔合わせをし、そのお料理を味わうために開催されました。
 写真のお料理をはじめとして、きれいな盛り付けの料理が並べられ、参加者のみなさんは感嘆の声をあげられました。お味もとてもおいしいです。
 板前さんのお名前は旗野(はたの)昭(あきら)さん。山梨県甲府市のご出身で、京都や高野山で修業されてきた人です。「里山が好きで、そういうところで働きたいと思っていたので、今回、こちらにお世話になりました」という自己紹介でした。
 この新しい板前さんのことは村内で評判が広がりつつあるようです。
 こういう腕のよい板前さんが確保できたことは嬉しいことです。
 と同時に、板前さんの腕のよさだけで、「トマトの国」の経営がうまくいくわけではないことも認識せねばなりません。
 振興公社の経営をどのような方針で進めていくのか。まだ十分に明らかになっているとは言えません。全村的な議論を積み重ねていく必要があります。
 また、共通入浴券問題も未解決のままです。

 

愛湯会の取り組み−地元住民の力で支えることの重要性
 愛湯会は、日頃、「トマトの国」の温泉を定期的に利用している地元住民の集まりです。共通入浴券の問題で声をあげることもしています。
 今回5月15日の集まりでは、会の初代会長・月岡英男さんから会の発足の経緯が紹介されました。「トマトの国のそばにはカタクリがたくさん咲く。これを長瀬のカタクリ街道に負けない群生地にするために、整備の草刈り作業を呼びかけたのが愛湯会の始まり」というお話です。
 「トマトの国」の前の広場の土手には、愛湯会のメンバー島田昭男さんの手でオキナグサがたくさん育てられてもいます(下写真、ちょっと満開期を過ぎてからの撮影ですが)。

 


 今回の集まりでは、7月半ばに草刈り作業を再開し、今年3回目の愛湯会をやろう、ということになりました。
こういう地元住民の力で、「トマトの国」−振興公社を盛り上げていきたいな、と思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック