プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

ぐっと冷え込んだ朝、湖面に映る黄葉

 

 昨夜(28日夜)は灯油を用意し、寝る前にストーブに点火。今朝もフトンから脱け出る前にスイッチ・オン。
そんな冷え込みの中、だからこそ、野々海池にむかった。到着はちょうど7時ころ。
 今週前半の陽気で停まっていた紅葉、野々海の湖面に映る黄葉が鮮やか。水番小屋のそばからの一枚。白い筋状のものは湖面を流れる霧。
 下は全体像。奥に見える霧の立ち昇りもクローズアップしてみる。

 

 

 


 定番的なアングルのものも一枚。あと1週間で相当にいところまで進みそう。

 

 

 

深坂峠から見る越後の山並みと雲海

 

 

 


 深坂峠から野々海池にむかう信越トレイルの道の出口にて東窓の紅葉をのぞく。
 ここでは、小川の水が溜まり、普通の靴では進めなくなっていたので、水に手を突っ込んで、水を止めている落枝や落ち葉を取り除いた。

 

 

 

 

 深坂峠〜東窓間のトレイル路で上を見上げる。
 足もとにはこんな地層。

 

 

 

 

 三叉路はこんな様子。

 三叉路で長野から「キノコ採りに来た」というお二人に出会った。見せていただいたキノコのあれこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 三叉路から少し下ったところにて。位置からすると、妙高山と火打山ではないかと思う…。

 

 

 

 野々海水路の円筒分水器と紅葉のはじまり。

 

 

 

 今秋、とても気に入っているのがミゾソバの草紅葉(くさもみじ)。上はそのクローズアップ。

 

 

 

 

 平滝に下るときに見た鳥甲山と雲海の図。

 

 雲の流れを3枚の写真でご覧あれ。ほんの10数秒間の動きです。

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック