プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.318(10月16日付)

 「栄村復興への歩み」では、前々号でJR東の「四季の美 五つ星」にまつわる話題を取り上げ、また前号では「栄村は何を打ち出すか」について少し提案をしました。
 今号では、いま紅葉が真っ盛りの野々海池を事例として取り上げ、栄村の観光を盛んにするための具体的な方策について考えてみたいと思います。

 

野々海池の紅葉を撮影した写真を見ながら、観光に活かす策を考えました

 

 

 この写真(10月12日撮影)をご覧になって、どこから、どこを撮影したものか、お分かりの方、おられるでしょうか。次の地図をご覧ください。

 


 野々海池周辺の地図です。Aと記したところが1頁掲載写真の撮影地点、Bと記したところは写真の正面に見えている野々海池の堤です。
 地図に描いた青色の太い線は信越トレイルです。関田山脈の尾根を歩くコースですね。深坂峠や野々海峠で信越トレイルを歩く人たちとよく出会います。非常に人気があります。D点は信越トレイルの野々海峠出入口です。
 また、地図に茶色で描いた線(C)は野々海池と白鳥への水路の開渠部分を結ぶ道です。
 さて、次の写真をご覧ください。

 

 

 1頁掲載写真の撮影地点を水番小屋横から撮影しました。下の小さな写真に白色のマークを入れているところが撮影地点です。

 

 

 つぎの写真は堤の上から撮影したもの。1頁掲載写真の撮影地点は下の小さな写真に白色マークを入れたところです。

 

 


 地図のA地点には、じつは道がありません。近くを通る林道(野々海峠に通じるもの)から斜面になっている林の中を歩いて、池の直前まで下りました。
 このA地点のあたりを気軽に歩ける道をつくれたら、とても素晴らしい紅葉の散策路になると思いませんか。

 

● 野々海池の周りに散策路を
 じつは、信越トレイルクラブの方で野々海池の周りをグルっと歩ける遊歩道(昔はそういう道があったそうですが)を整備しようという話があると、数年前に聞いたことがあります。なかなか現実化していないようですが、せめて今回取り上げたA地点の周辺だけでも少し歩けるようにできれば、いいなあと思います。

 

 また、野々海池だけが紅葉の綺麗なところだというわけではありません。つぎの写真をご覧ください。

 


 これは地図にCと記した道です。ブナ林の中を通り抜けるコースで、とても気持ちがよいです。
 この道、初めての人はちょっと入り方が分かりにくいかもしれません。案内人がいる方が安心でしょう。でも、歩く時に案内人が直接につかなくても、野々海池に案内所があって、そこで説明を受けることができれば、行けると思います(ただし、一人ではなく、複数人で歩くのが望ましいですが)。

 

● 戸隠を超える人気スポットにだって出来る!
 春から秋までの全シーズンとまではいかないかもしれませんが、雪消え頃の芽吹きとミズバショウの開花の季節、そして紅葉シーズン、野々海池に案内所があり、さらに案内人もいたら、野々海は素晴らしい観光スポットになります。
 案内所も案内人もない現在でも、村のみなさんが驚くほどの数の人たちが野々海を訪れています。一度、データをとってみれば、面白い結果が出るでしょう。散策路の整備や案内所の設置ができれば、本当にすごい人気スポットになります。
 今年、吉永小百合さんが戸隠を訪れる映像がJR東のコマーシャルで流れ、戸隠は入場制限が行われるほどの訪問者で溢れかえりました。それを羨んでいるだけではダメです。野々海に案内所を設けるなどのことをすれば、JR東を動かして、吉永さんを野々海に連れてくることだって夢ではありません。
 JR東の「四季の美 五つ星」に秋山郷・布岩が選ばれたということをただ喜んでいるのではなく、私たちの努力で人気の観光スポット・観光商品を生み出していくこと、もっともっとJR東を動かすことが出来るし、そうすべきなのです。

 

● 村におカネが落ちる仕掛けづくり
 野々海をめぐって、役場の観光部署で「写真を撮りに来る人はカネを落とさない」と言っていると聞いたことがありますが、そんな根性では観光は盛んになりません。そもそも、野々海に写真を撮りに来た人たちが、どれくらいおカネを村に落としたか、落としていないのか、きちんと調査し、データを集めたことがあるのでしょうか。そういう調査結果を耳にしたことはありません。
 村におカネが落ちる場・機会には、どんなものがあるでしょうか。
まず、コンビニ(村で言えば、朝日屋さんのYショップ)での買い物、道の駅−直売所、それから食べ処ですね。箕作の樓蘭さんでは野々海のことを尋ねるお客さんが結構おられるようです。
 つぎに、宿泊です。
 野々海を訪れる人には写真を撮る人が多いように思われます。写真はいつ何時でも撮れるというものではありません。たとえば、真っ青な青空とのコントラストで紅葉を撮りたいという場合、やはり朝の早い時間帯がいい。しかも、お天気との関係で少なくとも2〜3日は通い続けないと、気に入ったものは撮れない。
 すると、「湯治客」のような感じで、安い価格で素泊まりができれば、2〜3日から長ければ1週間近くの連泊という可能性も出てきます。宿泊施設がそういう宿泊プランを練り、宣伝することが大事になってきます。

 

● 案内所、案内人をどうやって実現するか
 案内所は、なにか大袈裟に新たなハコモノを建てる必要などありません。テントでスタートするので充分だと思います。ただし、設置場所が重要です。平滝から上がって行って、野々海に着き、最初に出会う三叉路の湿地(いちばん早く紅葉するところでもある)、ここに案内所があることが大切です。私が野々海に行くと、この場所で、「池はどこから入れるのですか?」とか、「キャンプ場はどちらですか?」と尋ねられることがしばしばあります。
 有志で始めるのでもいいと思いますが、テント設備の貸し出しくらいは役場にお願いしたいものです。
 案内人は交替要員も含めて3〜4人確保できれば、スタートできます。1時間、2時間単位の案内(ガイド)を依頼される場合は有料でやります(1時間千円くらい)。
 でも、案内人を担う人たちがこれだけでは暮らしていけません。案内人個々人は、季節毎の様々な仕事を段取りし、月給制の給料を保障する会社に属します。そのために、有志でそういう会社を設立します。そして、たとえば、村が冬のスキー場の仕事をこの会社に少しまわしてくれると、こういう会社はうまくまわしていけます。また、野々海の観光シーズンには村か観光協会が人件費補助を出すことも望まれます(年間60万円程度で済みます)。
 案内人の育成は、「野々海を愛する会」(仮称)のような任意団体で、野々海のさまざまなことに詳しい人を講師にして学習会(座学と現地研修)をやれば、可能になるでしょう。

 以上のような話を単なる「夢物語」と馬鹿にしないことが大事です。まずは、有志で簡便な野々海の道標を作り、設置することから、こういう話を現実に移していきたいなあと思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック