プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

いつまで降り続くのか

 

 写真は、午前10時54分、野口〜天地間の道路。野口から少し天地方向に進んでところです。
あまり鮮明な画像でないですが、肉眼でも「どこが道路で、どこから雪の壁、法面なのか」、わからない状況でした。唯一の便りは除雪作業の目印のポール。
 今朝は、出かけるために8時前から車庫前の除雪を始め、8時40分すぎに一応終えて、用件がある議会事務局へ。
その後、10時半すぎに県道笹原〜長瀬間の災害現場の様子を見に行き、「迂回路」に予定されている長瀬〜原向間の道路へ。この道路を下るのは回避して、原向−野口−天地−大久保−貝廻坂というコースで帰宅。原向から帰宅するまで35分かかった。通常の2倍以上の時間。
 これを書いているのは午後3時少し前だが、時々弱まることはあっても、止む気配はない。予報では明日も続きそう。
3年前の総選挙当日の大雪と比べると、まだまだ大したことないとも言えるが、あの時は「深々と降る」という感じだったのに対して、今日は吹き荒れているという感がある。

 

朝、車庫のシャッターを開けた時の様子。「目安」として軽トラのバンパー部分を一緒に撮った。これだけの量は今冬初。

 

集落内道路は除雪されているが、早朝除雪の後にさらに降り積もっている。

 

お向かいの駐車場に一晩置かれていた車。

 

ひとまず片付いた。今日は、この後、10時20分すぎの帰宅時、午後1時半頃の今日2回目の道路除雪の後の2回、車庫前の雪片づけをした。

 

 

県道笹原〜長瀬間の災害現場の午前10時半過ぎの様子。
先週後半〜今週頭の好天で積雪がすっかり減り、一昨日も地元の人と「この調子でいけば、正月までは通行止めにならずに済むかも」と話していたのだが、ちょっと厳しい状況になってきた。

 

「迂回路」予定道路。側溝が埋められた、やや道幅が広がったとはいえ、大雪になると、やはり厳しい道だ。


この記事のトラックバックURL
トラックバック