プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

野々海のミズバショウが予想よりも遅いですね

 

 お問い合わせがあったので、5日午後、野々海に行ってきました。
 深坂峠手前左側湿地のミズバショウですが、全体像は上の写真のとおりで、私の4月20日時点での予想よりも開花が遅くなっています。次のクローズアップ写真のように開花しているものもありますが、小ぶりです。

 

 

 

 4月24,25日、5月3、4日の低温がかなり影響しているのかもしれません。

 

 

 今日、ショックを受けたことがありました。ミズバショウの群生地の上をスノーモービルが走った形跡がはっきりとあったのです。

 三叉路にで、モービルを運ぶトレーラーを付けた車を2台見ました。
 この時期に雪上を走れることの楽しさは充分にわかりますが、積雪が1m以下になれば地上の稀少植物類にダメージを与えますから、モービル走行はダメです。村としてきちんとした対策に乗り出す必要があります。

 

 

 モービルが走った跡がくっきりと見えますが、まさにミズバショウ群生地を縦断する形です。
 この脇には、もうすでに半径1mほど、雪が融け、ミズバショウの芽が出ている場所があります。

 


 深坂峠はまだまだ雪が深かったですが、陽当りのいいところで、イワナシの小さな花を見ることができました。

 

 

 

 

 野々海池はまだほとんど雪に覆われていますが、一部、融けたところではエメラルド色の湖水が綺麗でした。

 

 

 

 

 わずかな水面に、ブナの樹々の姿が映っています。

 

 最後に、池の裏側から眺めた野々海池の様子です。

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック