プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

山では秋の気配を少ーし感じる

 

 今日8月12日、お昼前に野々海に行きました。目的は、水不足問題が深刻化している中で、水内(みのち)地区の田んぼに水を供給し続けている野々海池の水位状況を撮影記録すること。
 野々海池は平年と較べると水位が大きく下がっていますが、まだまだ大丈夫。
 そして、野々海では別の“収穫”もありました。
東窓(ひがしまど)(キャンプ場の横手に広い湿地)を訪れると、ナナカマドの葉が色づき、また、湿地の草は緑色が抜け始めていて、うっすらと草紅葉の始まりを感じ取りました。

 


 7日にもほんのわずかな時間、野々海を訪れ、濃い霧の中で半袖のシャツの腕に少しばかり肌寒さを感じました。その時と比較すると、今日は肌寒さを感じることはなかったのですが、結構歩き回ってもそんなに汗をかくことがありませんでした。
 野々海池は標高1,000m。やはり下界とは別世界ですね。

 


野々海の三叉路の池でも草の色づきを感じます。

 

 

 

 下界に下りてくると、数日ぶりに国道では31℃の気温表示。暑いです。ただ、昨夜は午後10時を過ぎると気温がぐっと下がり、窓をすべて閉めて就寝。7月末からそういう日が少なからずあります。関田山脈(標高1,000mの山々が連なる)の上では、季節の分岐点をこえているのだと思います。

 

 

野々海池の水位状況
 さて、野々海池の水位の状況です。
 7日に訪れた時は霧が広がり、斜樋の周辺しか見えませんでした。池全体の様子を見たのは7月22日が最後。
 軽トラを降りて、池への道を歩き始めてすぐに池の対岸の地面が大きく出ているのが目に入り、やはりいくらかの衝撃を受けました。その時の写真が次の写真です。

 

 

 

 あと3枚、紹介します。

 

 

 斜樋のところの様子です。斜樋を囲む鉄の網が錆びて赤茶色になっている部分が満水時あるいはそれに近い時は水に浸かっている部分。

 

 

 これは、斜樋と余水吐の間のコンクリート製の堤の部分。
 こういう姿を写真に撮った記憶は最近ではありません。

 

 

 こちらは斜樋の内部を撮ったもの。水路への水の取り込み栓が少し水に浸かっているのは14段目の栓です
野々海の水管理をされている月岡英男さんによると、「いったん17段目まで開けたが、10日〜11日の雨で水位が上がり、17段目は閉めなおした」とのこと。今日は14、15、16段目の栓が開放されて野々海水路に水が供給されているのだと思います。
なお、斜樋をめぐっては老朽化で網がボロボロ化し、水管理にも支障をきたしているという問題が今年生じています。この問題については機会を改めて詳しく紹介します。

 

 

<今日の記事の終わりに>
 ブログへの記事のアップは久々です。この前のアップが7月24日ですので、約20日ぶりということになります。こんなに長い間ブログ投稿なしというのは5年ぶりくらいのことです。
 事情を申しますと、あまりの暑さで体調の維持が非常に大変になり、動きを当面する最重要事のみに絞っていました。「これだけはやらねば」ということをめぐっては、この約20日間もかなり長距離の移動もしていたのですが、いつものように色んなところで写真を撮るという動きは極度に減っていました。意識的に減らしたというよりも、体がそのようには動かなかったというほうが正確なのではないかと思います。
 今日は、この何日かあまり暑くなかったこと、睡眠時間を長めにするなどの努力等でかなり動ける感じが回復してきて、午前8時頃から森農業改善組合のソバの種蒔きの撮影を始め、その後、スキー場から野々海にぬける道を通って野々海に行きました。この20日間ストップしていたカタクリ群生地での草刈り作業も再開できそうな感じがしています。
 今日以降も無理はしないように気をつけますが、徐々に活動量と内容を上げていきたいと思っています。

 

(了)


この記事のトラックバックURL
トラックバック