プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

鳥甲線、土合橋、貝廻坂、中条川上流

 8月31日、災害復旧工事のために通行止めになっていた鳥甲線が開通しましたね。昨年7月1日の大雨による道路脇崖面崩落の復旧工事でした。
 また、北野〜天代間の新土合橋の建設工事、ようやく完成が近づいてきました。今秋中に竣工式となるでしょう。貝廻坂では落石防止柵の設置工事が進められています。笹原〜長瀬間の災害復旧工事もかなり進展しています。また、中条川上流での土石流対策工事は7年目を迎えていますが、今年は「いちばん大変だなあ」と思う箇所で谷止工の設置工事が進められています。それぞれの現場写真を掲載します。

 


鳥甲線の復旧工事完成現場。8月28日撮影。下の写真は道路下の釜川に下る崖面。なお、31日の開通前にガードレールが設置されました。

 

新土合𣘺建設現場を北野側から見たもの(8月26日撮影)。土盛の高さが橋の高さに近づき、完成が近づいていることを確認できます。

 

貝廻坂の落石防止柵の工事現場(8月21日撮影)。落石防止の効果もあることながら、地元の人は「見通しがよくなった」と喜んでおられます。

 

笹原〜長瀬間の現場(8月26日撮影)。昨年10月に崩落した箇所の上部では法面枠工が出来上がっています。現在は雪崩予防柵設置の工事と斜面下方の山腹水路工(明暗渠工)が行われています。雪が降る前に完成できそうです。

 

 

この2枚は中条川上流の谷止工の工事現場(8月22日撮影)。1号崩壊地から下を覗き込むようにして撮影しました。1枚目写真に見える谷をクローズアップしたのが2枚目写真。

 

 ここで少し、記しておきたいことがあります。
 栄村では写真に見られるように災害復旧・インフラ整備の工事がたくさん実施されていますが、こういう状況は過疎が進む市町村では珍しいことです。多くの地域では逆に「過疎」を理由に災害復旧やインフラ(社会資本)整備が「選択と集中」という名の下に厳しく削減される事態が進んでいます。栄村は震災との関係でこの7年間、かなり「優遇」されている面があるように思います。しかし、いつまでもそういう「優遇」が続くわけではありません。インフラなどの補修や整備が困難になる事態の到来に対して、どう対応していくか、真剣に考えなければならない時期が来ていると思います。


 


この記事のトラックバックURL
トラックバック