プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.344(9月1日付)

“とっちゃ”で眺める鳥甲山とソバのお花畑
 ――秋山郷の観光をデザインする――

 

 

 素敵な眺めなので、写真をぐっとワイドにしました(8月30日午前撮影)。
 撮影地点は秋山郷・上野原集落で、地元の人たちが“とっちゃ”と呼ぶ場所です。栃川と中津川の合流点付近で国道405号線の下に広がる一帯です。
 上野原のある人から、こんなことをお聞きしました。「私のスキーの後輩で、大手旅行会社に勤務する人がいるのですが、『こんな景色は日本各地を探しても他にはない』と言っておられます。その人はいまでも年に1〜2回、来てくれます」。
 ある会合で、「デザイン・サービス」という言葉を頻繁にお使いになる方と出会い、今回は「秋山郷の観光をデザインする」なんて、ちょっと小(こ)洒落(じゃれ)た表現を使ってみました。お客さまに秋山郷(栄村)をどのようにお見せするのか。たしかに、それは一つのデザイン(作業)ですね。

 

 

● 鳥甲山の素晴らしい眺めを見せる

 

 

 

 上の写真、1つは春5月の鳥甲山。2015年の撮影で上野原集落の中で撮っています。もう1つは秋10月。やはり上野原集落の中での2017年の撮影です。
 写真データの整理・管理があまり出来ていないので、「これぞ」というものをズバリ示すことができず残念ですが、春と秋の鳥甲山の素晴らしさの一端はお伝えできるかと思います。これにもう1枚加えたいのが、本紙での紹介は3回目になりますが、下の写真、冬1月のものですね。

 


 これは我ながら何度見ても素敵な風景だと思います。写っている男性はイギリスから冬の秋山郷を訪ねて来られた人です。撮影地点は「のよさの里」の前。

 

● 魅せられた者がガイドして、人びとを虜にさせてしまう
 私は “とっちゃ”、のよさの里、天池、上野原集落内の各所から見える鳥甲山(連峰)の豪快な、しかしまた美しい姿に魅せられてしまっています。冬の積雪の時期であろうと、また、朝陽に照らされる姿を眺めるために早朝であろうと、秋山郷・上野原へ車を走らせます。
 私が鳥甲山を眺めて感じる喜び、感動を一人でも多くの人たちに共有していただきたい。その熱い思いで旅をデザインし、みなさんにお知らせする。それが《観光》の極意ではないでしょうか。
 俳優の藤岡弘さんも鳥甲山のダイナミックな姿に感動しておられました。先日放送されたNHK「きょうの料理」での一場面です(8月23日Eテレ・24日総合・27日Eテレ)。
 ようやく何かが掴(つか)めかけている気がします。
 秋山郷の宿でお客さまに料理を提供する人たち、お泊りの世話をする人たち。みなさん、最高の旅をおもてなししたいという思いを抱いておられることでしょう。村民一人ひとりが力を発揮する栄村・秋山郷観光の再生へ、今秋から来年にかけて、そういう思いで頑張っていきたいと思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック