プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

ゲンノショウコ

 

 上の写真は8月30日に撮ったものですが、写っている花はゲンノショウコ。
 みなさんも畦や法面でよく見ることがあると思います。でも、意外と名前をご存じないのではないでしょうか。私は8月半ば頃に秋山郷・上野原とっちゃのソバ畑で見かけて以来、「きれいだなあ」と気に入り、名前を知りたいと思っていました。が、調べないまま9月末になってしまい、ある人に「これは名前は何と言うんだい?」と尋ねられ、ようやく調べるに至った次第です。漢字では「現の証拠」と書くそうです。古くから茎や葉が民間で薬草として下痢止めなどに用いられ、「現に良く効く証拠」という言い回しから、この名が付いたそうです。
 「ゲンノショウコ」という名前を知った時、「どこかで聞いたことがある名前だな」と思ったのですが、漢方薬の名前として記憶していたのだと思います。
 花をクローズアップしたものが次の写真です。

 


 ゲンノショウコの花には白色のものの他に、紅紫色のものがあるそうですが、紅紫色は主に西日本で見られるそうです。栄村では白色に限られるのではないかと思いますが、「紅紫色のものを見たことがある」という人がおられましたら、是非、お教えください。
 葉は草紅葉になるそうで、その様子を是非撮りたいと思っています。
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック