プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

燃えるような紅葉の中を散策する

 

 紅葉の中をドライブし、「ここぞ」という絶景ポイントで車から降りて、景色を楽しむ。それも紅葉を楽しむ一つのありかた。でも、燃えるような紅葉の中の小道をゆっくりと散策する。よりグレードアップされた紅葉の楽しみ方だろう。
 そんな楽しみ方ができるゾーンが秋山郷の中にある。
 上の写真の真ん中に見える小径。進むと、足元では「カサッ、カサッ」と落ち葉を踏みしめる音。少し進むと、右手から川の流れ下る水音が聞こえてくる。
 出発点から、途中休憩ポイント(キャンプ場)までの様子を写真で追ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「←天池」の案内標識。

 

 

 

 

 一つ目の休憩ポイント、オートキャンプ場に到着。ここまで、ゆっくり歩んで10〜15分くらい。

 写真正面が少し高くなっている。その奥が天池ゾーン。
 この少し高くなっている部分を越えていくところだけ、散策路が未整備。
 ここを強引に越えて(2〜30m程度)進んだ先をつぎに紹介しましょう。

 

 

 地元の人たちが山の恵みを得るために山に分け入った道という感じの小径。

 

 

 小さな池が右手に見えてくる。ここでは、春、モリアオガエルが木の枝に卵を産みつける。

 

 

 天池周回コースに出た。

 

 

 眼前に苗場山が見え、第二天池に出た。
 第二天池にはカメラマンがずらっと。

 

 

 

 第二天池から真正面に見える鳥甲山連山の連峰の雄大な姿。

 

 

 今秋、“夢灯”に合わせて整備された天池と第二天池の間の広葉樹の林。今紅葉シーズンに訪れるお客さまの散策スポットになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 これも天池での1枚。バックに鳥甲山が入る位置ではないが、なかなかいい景色。

 

 

 

 天池近くにオープンしたカフェ「えんじゅ」。
 お店の背後に見える林の中に、昔、山仕事をしたばあちゃんの知恵を生かした遊歩道を整備しようという構想があるそうだ。

 

 

 〈戻り〉は、オートキャンプ場〜のよさの里の散策路を戻ってもよいし、舗装路を歩いて戻るのもよし。
 散策路を戻ると、往きとはまた異なる景色が楽しめる。

 


〈戻り〉の最後は鳥甲山の赤瑤瞭が真正面に。そして、露天風呂に入ってひと休みというのはどうだろうか。

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック