プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

秋山郷三山の山開きと初夏の観光客の訪れ

 6月1日、苗場山、鳥甲山、佐武流山の山開きが小赤沢・苗場神社で盛大に行われました。
 今年は山の残雪が多いのですが、この日、多くの登山愛好者が苗場山に登られました。私は山開き神事に参列していましたので、登山者の人たちを直接に目にしたわけではありませんが、神事の後、登山口に行くと、多くの県外ナンバー車が駐車していました。
秋山郷観光の柱の1つは山岳観光です。今季も多くの登山者が訪れることを願うものです。
 高い山にはまだまだ残雪があるとはいえ、10日ぶりに訪れた6月1日の秋山郷はすっかり初夏の様相に変わっていました。
 秋山林道にも少し行ってみましたが、多くの車、オートバイ、サイクリング車に出会いました。次の写真をご覧ください。恰好いいスポーツカーがミズノサワを走り抜ける姿です。

 


 べつに私はスポーツカー好きというわけではありません。このスポーツカーを操る人とちょっとしたやりとりがあったので印象に残っているのです。
 切明温泉から秋山林道に上がっていったところ、三叉路でこのスポーツカーの人が車から降りて、自分が持つ地図と案内看板とを交互に見つめられているのに出会いました。
  「何か、お困りですか?」
  「この道を行けば、志賀高原にぬけられるでしょうか?」
 私は、「たしか何日か前の村内放送で、奥志賀公園栄線は6月7日開通と言っていたな」と思い起こし、その旨をお話ししました。しかし、私は不安でした。未開通ならば「この先、志賀高原には通り抜けられません」という表示があるはずなのに、それがなかったからです。結局、たまたま志賀高原方向から走ってきた車があったので、合図して停まっていただき、「どこから走って来られましたか?」とお尋ねし、「志賀高原から走って来ましたよ」というお答えをいただき、スポーツカーの人にお伝えしました。
 後で聞いたところによれば、奥志賀公園栄線は5月24日に繰り上げ開通したとのこと。
 多くの人びとに秋山郷観光を楽しんでいただこうと思えば、「通り抜けできません」という時の告知板だけでなく、「奥志賀公園栄線開通。志賀高原方面はこちらをお進みください」というような案内板を出してほしいなあと思いました。ちょっとした気配りが大事なのだと思います。
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック