プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

ミズタビラコという花

 6月29日に中条川2号崩壊地の谷止工工事現場の様子を見に行き、不動滝の様子を撮影しようと滝壺に近づいた時、足元に見たことがない小さな花が咲いていました。

 


 上の写真は7月11日に再撮影したものです。花は直径2〜3伉度の本当に小さな花です。
 よく似た花にキュウリグサというものがあるそうですが、キュウリグサが「畑や道ばたに普通に見られる」のに対して、ミズタビラコは「山地の渓流ちかくの水辺や湿地などに生育する」ものです。また、花の真ん中がキュウリグサは黄色なのに対して、ミズタラビコは白いという違いもあるようです。
 ミズタビラコが咲いている場所は下の写真に見られるように、滝壺のすぐ近くで、沢水が流れているところです(写真ので囲ったところ)。

 

 

 この花が何という花なのか? 当初、ある別の花ではないかと思っていたのですが、花や生き物に詳しい知人に問い合わせたところ、ミズタビラコが浮かび上がってきました。漢字では「水田平子」と書くそうです。
 ミズタビラコをWebで検索する中で、コシジタビラコというものもあることを知りました。果実の分果の周辺部が白っぽい突起した部分で縁(ふち)取られたようになっているのがコシジタビラコビラコで、ミズタビラコにはそういうものは見られないとのこと。そこで、11日の昼、もう一度、現場に見に行った次第です。

 

ミズタビラコの果実。右上の黒いのは果実が熟したもの


 上写真が果実を撮影したものですが、「分果の周辺部が白っぽい突起した部分で縁取られている」という様子は見られませんでした。
 しかし、コシジタビラコの「コシジ」の漢字表記は「越路」、そして分布地は「近畿〜東北の日本海側」とされ、野花に関するブログでコシジタビラコとミズタビラコを紹介されている人は両方がすぐ隣り合わせに咲いている状況を確認したと報告されているので、コシジタビラコもあるのではないかとまだ期待しています。ただ、その観察は来年のことになるでしょう。


《前号のコシジシモツケソウについて》
 前号のTOPで紹介したコシジシモツケソウについて、複数の方から「トリアシショウマのことか?」と尋ねられました。たしかに、形は似ていますね。しかし、まず遠くから見ても色の違いが明瞭です。コシジシモツケソウは濃いピンク色であるのに対して、トリアシショウマは白っぽいですね。
 また、分類でいうと、コシジシモツケソウはバラ科シモツケソウ属、トリアシショウマはユキノシタ科チダケサシ属で、まったく異なる種です。
 いまの時期、コシジシモツケソウは終わっていますが、トリアシショウマは山に入るとまだまだ咲き始めで、とてもきれいですね。


この記事のトラックバックURL
トラックバック