プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

やっと来た大雪が創り出した素敵な景色

中津川峡谷(2月7日午前10時すぎ)

 

夕陽に映える苗場山山系(2月7日午後4時半すぎ)

 

 2月初めまではほとんど雪がなかった栄村。ここまで雪がない栄村は私にとっては初体験でした。ところが、6日の大雪で景色が一変。快晴となった7日は随所に「冬の栄村ならでは」の素晴らしい景色が広がりました。7日は秋山行でしたので、4枚中3枚までが秋山の写真ですが、じっくりご覧ください。

 

雪を飛ばす(2月6日昼前、極野にて)

 

赤瑤瞭(鳥甲山連山、2月7日午前11時すぎ)

 

 暮らしにとっても必要な雪。今回は11日午前段階でまだ降り続き、ちょっと厄介ですが。
 雪飛ばしの様子を1枚紹介しましたが、冬の栄村は雪飛ばしなどの除雪作業があってこそ、活気、賑やかさが生まれるんだなあということにも気づきました。
 冬は冬らしく、そしてそれを越えれば鮮やかな芽吹き。やはりそういう栄村が素敵です。