プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

「白いカミソリの刃の稜線」――鳥甲山登山の話続編

 No.377(2月12日付)に「ロマンを求める人たち ――鳥甲山登山はどのようにして始まったか」を掲載しました。
 その中で鳥甲山に登る人たちの宿となった仁成館のことに言及しました。この間、相澤清子さんのご協力をいただいて、仁成館に残る史料を基に鳥甲山登山の歴史を追いかけています。その中で、驚くような展開があったので、紹介します。
 4月7日のことだったと思います。夕刻に秋山から帰って来て郵便ポストを覗くと、手紙が1通。1週間前に手紙をいただいた千葉県在住の方からの第2信。すぐに封を開けました。入っていたのが下の写真のものです。

 


 お手紙をくださったYoさんがご友人をあたって探し出してくださったもので、早稲田大学の「山の会」の会誌8号に掲載されたものだそうです。
 私は相澤清子さんに史料を見せていただき、「早大山の会」の人たちが1962(昭和37)年3月に積雪期の鳥甲山に登攀した時の日誌を復刻しました。ただし、そこにはお名前・住所等が記載されているため、安易には公表できません。ある日、その日誌記録を読み返していて、あることを思いました。「この人、1962年3月に『いよいよ卒業も直近。26日からは会社に勤めなければならない』と書いている。ということは当時22歳くらい。今年で80歳だ。なんとか連絡がとれるのではないか。」
 3月26日に、まず、早稲田大学の同窓会を調べました。でも、部外者が卒業生の消息を尋ねる手立ては見つからない。その次に、「早大山の会」でWeb検索をかけてみました。すると、OB会のサイトがあり、しかも事務局にメール連絡が可能。早速、事務局にメールをすると、なんと約1時間後に返信が来ました!「お尋ねの山の会OBの中には既に鬼籍に入られている方もいますが、今も元気に山に登られている方も居ます。そのうちの一人に本メールを転送しておきます。しばらく経ってもコンタクトが無い場合には、再度ご連絡下さい」という、とても親切なもの。そして、4月1日、メールに書かれた「そのうちの一人」であるYoさんから手紙が届きました。
 お手紙に携帯の番号が記されていたので、早速に電話しました。今年79歳とのことですが、とてもお元気な話声です。そし
て、私の方から日誌記録をお送りし、Yoさんから7頁掲載の会誌コピーが送られてきたという次第です。

 

 奇跡のような繋がりの誕生です。
 私はこういうやりとり・作業の中に、山岳観光をメインとする秋山観光の蘇りの1つの鍵があるように思います。地味な作業ですが、コツコツ進めていこうと思っています。

 

ムジナ平から鳥甲山山頂への稜線

3月18日撮影。今年は雪が少ない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.380
2020年4月9日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236、 mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞