プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

台風19号被害からの復旧状況

 本紙No.385(6月1日付)でも台風19号被害からの復旧の状況をお伝えしましたが、その続報です。


● 越水箇所に大型土嚢
 

 

 月岡・箕作地区の台風19号時の越水箇所に大型土嚢が積まれました。下写真が越水時の様子です。

 


 これは2月13日に箕作公民館で開催された地元住民と県北信建設事務所の懇談会で地元から要望された今年の出水期に備える緊急対策措置の1つとして6月上旬に施工されました。「これで対策は万全」ということではありません。千曲川に面していて浸水直前の危険に晒された民家2戸の対策など、喫緊の課題がまだまだあります。
 「住民が声をあげれば、県は対応してくれる」ことをしっかり教訓化し、さらに持続的に千曲川治水対策に取り組んでいくことが必要です。
 千曲川治水対策の全貌については機会を改めてお知らせします。

 

● 野々海峠から菖蒲高原に下る林道が復旧

 

 

 野々海峠から菖蒲高原(上越市大島区)に下る林道(西菖蒲線)の途中で台風19号による土砂崩れがあった現場です。6月上旬に応急復旧工事が行われ、通行が可能になりました。
 野々海池から野々海峠までは林道野々海温井(ぬくい)線、信越トレイル野々海峠口から先は林道西菖蒲線となり、上越市の管理下にあります。
 このコース、野々海の自然を活かす観光をより豊かな内容にしていく1つの鍵、上越との周遊を実現するうえで非常に重要なものです。
 なお、深坂峠から松之山に通じる林道も重要ですが、こちらは従来から予定されていた落石防止のための工事(予算は昨年度、つきました)に加え、台風19号で道路が崩落した箇所があることが判明(下写真)。観光ルートとしての年内の復旧は困難と思われます。

 

 

● 鳥甲線で復旧工事が進む
 極野(にての)集落から五宝木に通じる鳥甲線は台風19号以降、通行止めになっています。
 被害箇所は中部電力の発電用調整池があるところの近く。道路の片側が崩落したようですが、復旧工事が進んでいます。予定工期は7月いっぱい。

 


 ヒメボタル鑑賞は日出山線経由になりますが、紅葉期のドライブには間に合うようです。

 

● 北野川の道路消失現場
 本紙前号で報じた北野川上流の道路消失箇所の様子を撮影しました。下の写真です。