プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

紅葉進む。11日の秋山

 

 「明日は晴れるよ」という友人の声に誘われて、今日は津南でガソリン補給の後、津南町相吉から秋山に向かった。
 妙法育成牧場の横を通り抜け、ブナの道へ。

 

 

紅葉の盛りの時期もよいが、始まりの頃のこういう色合いが大好き。8:27。

 

 

 

9日から間一日なので、あまり変化を期待していなかったが、紅葉が山を下っている。9:06。

 

 

 

栃川が中津川に合流する地点。9:47。

 

 

 

鳥甲山連山がお椀状になっていることがよく分かる一枚。和山〜切明間。10:24。

 

 

 

国道405号切明〜栃川高原からの鳥甲山。10:42。

 

 

 

とっちゃで相澤博文さんがソバ畑を耕耘している。11:05。
イノシシとカモシカにやられて、今秋は収穫できなかったとのこと。来年は電柵設置へ。

 

 

 

苗場山三合目近くにて。11:45。

 

 

下山してきた人とちょこっとお話。名古屋から来られたグループ。山頂は朝、晴れたそうだ。11:52。三合目駐車場には30台以上の車。

 

 

 

三合目から戻るとき、下の方角を望む。青空だ。真ん中に見えるのは高倉山。12:01。

 

 

 

上ノ原林道を下るときの一枚。これも鳥甲山連山の「お椀状」の並びがよくわかる。12:15。

 

 

 この後、相澤さん宅で「仁成館日記」を拝見し、種々の記録採りをさせていただいた。
 「下(しも)」に着いたのは16時を大きくまわっていた。

 

(了)