プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

コロナについての最近の私の考え

 10月に入って以降、新聞やテレビでの新型コロナ感染症に関する報道がめっきり少なくなってきています。他方で、野球の横浜スタジアムで定員の80%〜満員での試合開催の実証実験が10月末に行われることが決まりました。入国規制の緩和も進められようとしています。

 

● 観光地で実効再生産数が高い
 国の新型コロナ感染症対策分科会は「増加要因と減少要因が拮抗」としていますが(10月15日の尾身会長記者会見)、同時に発表された実効再生産数(陽性者1名が何人に感染させるかを示す)は関東圏1.07、関西圏1.00に対して、北海道1.27、沖縄1.58で、専門家の一人は「観光に人が出かける地域で高い」と警鐘を鳴らしています。
 また、ヨーロッパ諸国では再度の感染爆発が起こり、外出制限措置等が再度発動されています。

 

● 「広がったら抑える」では遅い!
 経済の落ち込みに対する対策は必要です。しかし、いまの国の姿勢は、「感染抑止と経済再開の両立の追求」よりも「経済優先」の方が強いと私は受け止めています。感染対策については「重症者を増やさない」に重点が置かれています。
 この考え方を単純に栄村に適用してもよいものか。私は「ノー」だと考えます。
 重症化の危険が高いと言われる高齢者、わが栄村は人口の50%を超えます。村の高齢者はその大部分が元気です。そして、その大半が現役で仕事をしています。ですから、あまり「弱々しい」感じがありません。しかし、やはり高齢者は高齢者です。
 その栄村にひとたび新型コロナ感染症が入り込めば、非常に危機的な事態となることはあきらかです。
 首都圏等からの観光客と村民が接触することを回避する感染症防止対策を徹底させなければなりません。それを緩めるような余
地はどこにもないと思います。

 

1100万人都市・武漢が封鎖された76日間、

人びとはどう暮らしていたのか

9月発売の新刊。著者は武漢在住の65歳の

女性作家。お薦めの1冊です。