プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

「結いのしょ」=ボランティアについて(21日の様子3)

 今日は総計105名の方々に「結いのしょ」として活動していただきました。主に片付けの手伝い、除雪作業です。
 しかし、今夜の集約では、明日の支援要請(「ニーズ」と呼んでいます)件数は今日と比べるとかなり少ないようです。「ニーズ」は日々、かなり大きな幅で変動するようです。次は震災ごみ集積場への各世帯からの搬出がある24日のニーズが増えそうです。しかし、先々のことはなかなか予測がつかないというのが率直な実情です。
 そこで、栄村のボランティア支援の原則を改めてお知らせし、ご理解、ご確認を願います。

●まず、「小さな村がボランティアで溢れかえり、地元がかえって混乱する」というようなことが起こらないよう、ボランティアは登録制とし、こちらから要請を出してはじめて現地に来ていただくという方式をとっています。
いきなり現地に来られるということがないよう、お願いします。

●2つ目に、登録手続きはすべてメールでお願いします。電話への対応はしていません。多くの方から電話がかかると、復興支援機構「結い」の本部機能がマヒしてしまうからです。ご理解ください。

●3つ目に、登録に対してすぐに返信を返すことができません。登録受付担当は出動要請のメール発信係を兼ねておりますので、出動要請のメール発信を優先しています。

●4つ目に、せっかく遠路を来ていただいたのに、ニーズがあまりなかったということがないようにするため、基本的に村に車で1〜2時間で来られる方々を中心に要請を出し、今のところ、遠隔地の方には要請を出していません。

●5つ目に、これは新しい情報・確認ですが、登録をいただきながら、支援への出動要請がないまま、地震直後の支援が終わるというケースが出てくる可能性があります。この点、是非、ご理解をお願いします。
 ご登録下さる方は、登録には「栄村を応援するぞ!」というメッセージとしての意味・意義があるとご理解ください。登録いただくこと自体が栄村への励まし、支援になっています。そして、復興への道のりは長いものになりますので、その道のりを支援するという意味合いを込めてご登録いただけますよう、お願いいたします。

 以上、当方の事情を優先してのお願いで恐縮ですが、どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事