プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

どれが本当の車線なの?


 この写真をご覧になって、どの白線が本当のセンターラインなのか、パッと判断できるでしょうか?国道117号線の中条地区近くの路上を撮影したものです。12月のある時期からは、破線になっているのがセンターラインで、その両側にある白線は以前のセンターラインと路側を示すものです。

 私は年末のある日の夜、ここで怖い目に遭いました。この写真の奥の方から手前に向かって(横倉から森に向かって)走っていたとき、反対方向から大型のトラックが写真の3本のラインのうち、いちばん右側のラインをセンターラインだと思って、猛スピードで走ってきたのです。私は破線で示されているセンターラインに従って走っていましたので、「このままでは衝突する」と思い、咄嗟に車は左側に寄せて難を免れましたが、本当にヒヤッとしました。

 事故をめぐっては、「1件の重大事故の裏には30件の事故があり、さらに300件のヒヤッと事件がある」と言われます。
 このわかりにくい車線表示をこのまま放置しておくことは許されないと思います。道路管理者の県建設事務所は震災復旧工事が終わっていない国道117号線について、道路パトロールを頻繁に行い、こういう危険な状態を一刻も早く取り除くべきだと思います。

この記事のトラックバックURL
トラックバック