プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

写真展を開催 3月12日から


  会場:村役場1階ホール
  日時:3月12日(月)午前10時から、3月18日(日)午後3時まで
      (13日〜17日は午前9時〜午後9時)

まもなく3月12日。あの地震から1年目を迎えます。
この一つの節目にあたって、NPO法人栄村ネットワークは「震災記録写真展」を開催します。
村民のみなさまに写真提供を呼びかけ、収集した成果です。
発災、避難、被害の様相、そして、復旧、復興への歩み、その中で浮かびあがってきている栄村の地域資源などを写真で示していきます。
小さな展示会ですが、中身は濃いと自負しています。

1年目を迎えるいま、改めて痛感していることは、地震被害は現在進行形だということです。
「発災から1年も経てば、復旧工事もかなり進み、あとは復興あるのみ」というわけではありません。農地も、家も、道路も、「見えない被害」が拡大しながら、じわじわと顕在化してくるのです。
被災の現実を不断に見つめ直しながら、復興への道を確かなものにしていくことが大事だと思うのです。

そういう意味で、「思い出したくない」という気持ちも汲みながら、しかし、被災の事実も改めて見据え、そして同時に、この1年の過程で浮かび上がってきている《新しいパワー》も示す写真展にしたいと思っています。

みなさま。どうぞ、会場へお運びください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック