プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

写真展から


 12日から役場1階ホールで写真展を開催しています。手づくりの、ささやかなものですが、ご注目いただき、たくさんの方にご来場いただいています。
 その展示写真の中から、このレポートではこれまでに取り上げたことがない写真を数点、紹介します。


 地震で動いた三角点。宮川吉郎さんご提供の写真です。撮影場所は青倉・西山田です。宮川さんは村内いろんなところを歩いておられますが、三角点が動いたのを見たのはここだけだそうです。


 3月12日地震発生から間もない午前5時6分撮影の村道小滝月岡線の雪崩の様子です。倒木も見られ、除雪だけでは通行再開できず、小滝はヘリでの避難となりました。この状況の中、徒歩で役場に向かわれた樋口正幸・民子ご夫妻が撮影されたものをご提供いただきました。


 国道117号線の栄大橋。橋と道路が離れてしまった様子がはっきり見えます。3月12日午前6時32分撮影。ここには現在も鉄板が敷かれています。


この記事のトラックバックURL
トラックバック